【イルミナカラー】髪の毛をカラーしても赤くなってしまう人はなんで?

みなさまこんにちは、平尾の美容室chill hair design の古賀裕三です。
「カラーリングを楽しみたいのにどうしても赤っぽく発色してしまう、、、」
「カラーが抜けてくるとオレンジっぽくなってしまう、、、」

そういう人って結構多いんですよね。それは地毛のアンダーの色が赤よりの人が多いからかもしれません。

赤系によってしまう髪の毛はベースの色が関係している

人は元々持っている地毛の色素があります。
赤系によりやすい人もいれば黄色系によりやすい人もいます。

このベースの色が関係しているのでアッシュ系に染めても赤系に見えてしまったりする人もいるんです。

ほんと人によるんですが、感覚だと髪の毛がしっかりして真っ黒い人は赤系によりやすく、髪の毛が細く元々髪の毛が真っ黒ではない人は黄色系に発色しやすい傾向にある人が多く感じます。

カラーをしてベージュやアッシュなどの色味が好きなのに赤み系のカラーになって思った色が出ないという悩みを持っている話はよく聞きます。

これはベースの色を明るくすればするほど思い通りの色が出しやすくなりますが初めてカラーをする人はなかなかこういうのを知らない人も多いのではないでしょうか?

地毛から一気に思い通りの色にする場合はブリーチやブリーチをしないまでも一度思いっきり明るくする必要があります。

赤くなりやすい人が選ぶカラーはどんな色がいいのか?

赤く発色してしまうのが嫌な人はよくアッシュ系を選ぶことが多いのですがそれでもなかなかくすんだ透明感のある色にはなってくれません。

そういう場合は赤の反対色を選ぶ必要があります。

反対色は補色と呼ばれ赤の補色は緑系になります。
グリーン、マット、オリーブという感じです。

アッシュにしたいという方で色落ちで赤みを出したくない方はアッシュに緑系の補色を足すといい感じになると思います。

美容室でする場合は基本的にこういうのはやってもらえると思いますが美容室で染めても赤くなる方は一度美容師に相談してみてもいいかもしれません。

逆に黄色になりやすい人はモノトーンやベージュなどの色を足したりブラウンを足すことで色落ちするときに黄色になりにくくなるので試してみてもいいかもしれません。

 

赤みが出やすい人イルミナカラーがおすすめ

赤みが出にくく外国人風の透明感が好評のイルミナカラーというカラーがあります。
また最近ではこの赤みが出にくいカラー剤というのでスロウカラーやアディクシーカラーなどいろんなカラー剤があります。

こういうカラー剤はベースの色が寒色よりになっていますので赤みが出にくく綺麗に発色してくれます。

色味を楽しみたい方にはこういったカラー剤もいいと思います。

イルミナカラーとは?イルミナカラーのここがすごい!

この記事も合わせて読んでみてください。

【イルミナカラー】髪の毛をカラーしても赤くなってしまう人はなんで?まとめ

いかがだったでしょうか?美容室で染めるときにカラーに詳しい人だとその人の毛質を考慮していろんな配合をしてくれます。

平尾の美容室のchillではお客様の髪質を考慮して一人一人にあったカラーを提案しています。カラーで悩んでいる方はぜひ気軽にご来店ください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です