美容室に行くタイミングは?カラーとパーマ

みなさまこんにちは、平尾の美容室のchill hair design の古賀裕三です。
前回はカットで綺麗に保つためにはどれくらいの頻度がいいのか?という記事を書きましたが、今回はカラーとパーマはどれくらいの方がいいのかを記事にしていきます。

ではまずはカラーからです。

美容室でカラーをする頻度はどれくらいがいいのか?

日本人の髪の毛は多少の差はありますが基本的には黒です。
ヘアカラーをすると地毛の色よりも明るくなるのでどうしても伸びてくると目立ってきてしまいますよね。

色や明るさにもよりますが色抜けが激しく見えてしまってパサパサに見えたりもするので綺麗を保つためにはヘアカラーもカットと同じく遅くても2ヶ月に1回ほどの頻度で染める方がいいと思います。

明るいヘアカラーの場合は美容室にどれくらいのペースでいけばいいのか?

地毛が黒いぶんヘアカラーを明るくしているとどうしても色の明るさの差が出てしまって目立ってしまいます。

そういう場合は1ヶ月から1ヶ月半くらいの頻度で染めた方が目立たないでしょう。
また最近では明るいヘアカラーをする人でも根元のカラーを暗めに設定してリタッチが伸びてきた時に黒髪と馴染んでハイトーンでも目立ちにくくするような染め方もあります。

あまり頻繁に染めにいけない方で明るくしたい方はこういう染め方をしてもらうと伸びてきたカラーが馴染んでグラデーションになり気になりにくいと思いますよ。

また白髪染めで根元が伸びてきたのが気になるとかグラデーションして毛先の色が抜けてきたとかでピンポイントで気になる場合はもう少し頻繁に1ヶ月ほどで染めてあげると綺麗をキープしやすいです。

美容室にカラーをしにいくポイントは?

カラーも色や明るさ、で染めるタイミングは変わってきます。
カラーをするタイミングとしては、

  • 根元が伸びてきてプリンになる
  • 色が抜けてくる
  • カラーの色味を変えたい

根元が伸びてくるのはもちろん、季節に合わせたトレンドを入れたい場合もイメチェンも兼ねて美容室にカラーをしに行くのはいいと思います。

パーマをかけに美容室に行く頻度は?

パーマもロッドの大きさ、スタイル、髪質とかによって人それぞれ残り具合やかけ具合も変わってきます。

パーマの場合は3ヶ月に一回ほどでかけると持ちが良くスタイリングをしやすくなったりもします。

通常のコールドパーマの場合は濡れた時にカールが出ます。
パーマは日常のヘアケアによっても持ちが影響してしまいます。

目の細かい櫛を使ったり髪の毛を引っ張ったりしてまっすぐな状態にしてしまうと緩くなったり取れやすくなったりしてしまいます。

よく「パーマがすぐにとれた」という声も聞きますが、髪の毛を濡らすと意外にカールが出てきたりもします。

スタイリングの方法を美容師に聞いてみてスタイリング剤やセット法を試してみましょう。

美容室にパーマをかけに行くポイントは?

美容室でパーマをあてる時にきにするポイントは、

  • カールが自分で出せなくなった
  • 濡らしてもカールが出ない

もし緩めのパーマが好きな場合はそのまま残ったパーマでアレンジしてもいいと思います。

美容室で綺麗を保ちたい人は参考にしてみてくださいね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です