1日だけ髪の毛の色を変えたいときは何がお勧め?

髪の毛を一に位置だけ染めたい時ってありませんか?
学生で、社会人で普段染めれないけどおしゃれしたい!
そんなときに1日だけど染めることができる便利グッズがあります。

今日はそんな1日だけカラーができる便利グッズの紹介をしたいと思います。

1日だけカラーができる便利グッズ

1日だけ染めることができるグッズは

  • カラースプレー
  • カラーチョーク
  • ウィッグ
  • カラーワックス

こういったものがあります。

カラースプレー

1日染め用のカラースプレーというのがあります。
よく使われているのは黒染めのカラースプレーですが、他にも色々な色があります。
使用方法は乾いた髪の毛に振りかけるだけといういたってシンプル。
ただし周りに色がついたりするので首回りにタオルを巻いたり保護クリームを塗ったりしないと後片付けが大変になります。

シャンプーで基本的に色は取れるのですがパリパリになりますのでなかなか落ちない場合もあるのでそういう場合は数回シャンプーをしてしっかりとるようにしましょう。

カラーチョーク

海外で人気が出たのをきっかけに日本でも一時期ブームになりました。
チョークというだけあって本当に髪の毛を黒板がわりに色をつけたい部分に塗るだけです。

パレット式とスティックタイプのものが主流です。
濡れた髪の毛に滑らせるようにつけると色がつきます。
水分が含まれていると色がつく性質がありますので雨の日は気をつけてください。

シャンプーで簡単に落ちますが色移りする場合もあるのでタオルドライをする際は気をつけましょう。
カラーチョークで全頭を塗ることは少ないと思います。部分的にカラーをすることに向いていると思います。

発色を良くするためには白のカラーチョークをベースに塗ってからしたい色を重ねると発色が良くなります。

ウィッグ

ウィッグは別名カツラとして知られていますが、実はおしゃれな感じで使われるおしゃれウィッグも最近では種類が増えてきています。

全頭にかぶるものから部分的につけるものもあります。
長さも色も様々ですが、決まったものしかないので自分好みにする場合はカットが必要です。
イメチェンするのであれば色を全部変えることができるフルウィッグが適しています。

髪の毛は人工毛、人毛、それのミックスなど様々なもんがありますが、質がいいのは人毛です。
ただしケアをしてあげないとカビが生えたりもしてしまいます。
長期的に使うのであればしっかりとメンテナンスをしてあげましょう!

カラーワックス

カラーワックスは名前の通り色がつくワックスです。
カラーチョークと似ていますが塗り方はカラーチョークよりも簡単にできます。
ただ発色の面ではカラーチョークの方がいいです。

色をつけたい部分に適量をなじませるようにつけましょう。
カラーワックスで気をつける点としては触れてしまうと色がつくのでタオルなどで色がつかないようにしてあげましょう。

カラーチョーク同様シャンプーで簡単に色が落ちます。

1日だけ髪の毛の色を変えたいときは何がお勧め?まとめ

いかがだったでしょうか?1日だけでもカラーを楽しみたいという方は試してみてください。
冠婚葬祭やイベント、普段使いなどに合わせておしゃれを楽しんじゃいましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です