ブリーチなしのダブルカラーって??

ブリーチなしのダブルカラーってご存知ですか??
そもそもダブルカラーって何?っていう人のために今回は記事にしていこうと思います。

ダブルカラーとは??

ダブルカラーは名前の通り二回カラーすることです。
一回のカラーだけでは発色できないような色を出すことができます。

で、このダブルカラーというのは通常はブリーチ+カラーのことをさすことが多いです。
最近ではこのブリーチの部分を通常のカラー剤を代用してすることもあります。

普通カラー剤は明るい色を使えば使うほど染料が少なくなります。薄い色になってしまうんですね。
なので元々髪の毛の内部にある赤みが削りきれない状態でカラーをすると彩度がぼやけてしまうんです。これが一回のカラーでできる限界ということです。

それをカラーの工程を『明るくする』+『色を入れていく』という二段階に分けてすることで明るめで色あざやかにできるんです。

ダブルカラーにはブリーチは必要なのか??

ダブルカラーにはブリーチが必ずしも必要というわけではありません。
ブリーチが必要かどうかというのは自分が求めてる色によって変わってきます。

元々の色が明るいのか?初めてカラーをするのか?淡い色を求めるのか?などが関係してきます。

ベースの色を何回か染めている状態でブリーチをしていなくてもかなり明るい状態にしているのであればブリーチが必要ない場合もあります。

黒髪の場合はブリーチでがっつりあげるというのもありますし求める色によっては何回もブリーチをしないといけないこともあります。

基本淡い系の色を求めているのであればブリーチはした方が求めている色に近づきます。

ブリーチありとブリーチなしのメリットデメリット

ブリーチありの場合のメリットデメリットは、

  • 色味、明るさの幅が広い
  • ダメージが大きい
  • 色持ちが悪い

ブリーチなしのメリットデメリットは、

  • 彩度がブリーチに比べて低め
  • 濃い色だとブリーチなしでもいける
  • 色持ちはブリーチと比べると良い
  • ダメージもブリーチと比べると低い

と、こんな感じです。

なのでブリーチはしたくないけど通常のカラーよりもはっきりとした色を出した人はブリーチなしのダブルカラー。

赤みが強く出やすいけどダメージが気になるという人もブリーチなしのダブルカラーをすることで赤みを削ることができます。

縮毛矯正やデジタルパーマをかけている人は熱処理でダメージがすごいことになっていたりするのでそういう場合は美容師に相談してみるといいと思います。

ちなみに薄い系の色はブリーチしないダブルカラーではできないのでグレー系などのちょっと濃い目の色をすることをお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です