イメチェンにはポイントカラーがおすすめ!

イメチェンをしたいけど仕事的にバレたらいけない、、、だけどおしゃれを楽しみたい!
そういう人にもってこいのカラーがポイントカラーなんです。

ポイントカラーといっても様々な方法があります。
ポイントカラーは名前の通り部分的に染めていく方法です。
毛先だけだったり、髪の毛の内側だけ、耳周り、生え際など様々です。

もともと染めている人も部分的に明るさやビビッドな色味を加えることでおしゃれを楽しめるという他の人と違ったカラーがしたいという人にはもってこいのカラーなんです。

いろんな人におすすめしやすいのがポイントカラーなんですね。

ポイントカラーはどんな感じにするのがおすすめ??

おしゃれを楽しみたい人は自分が気に入る部分に入れてもいいと思います。
多いのが先ほども伝えましたが、インナー部分、もみあげ部分、毛先といったところでしょうか。

インナー部分に入れていると普段髪の毛を下ろしているとバレにくいですし、もみあげの部分は耳にかけなければバレにくいです。毛先に入れることでロングの方は髪をお団子にまとめるとバレにくいです。

普段カラーができない状況にいる人でもごまかせちゃうかも??

色はビビッドな色を入れることが多いのでブリーチをすることが多いです。
ブリーチをしてそのあとにビビッドな発色のカラーやマニキュア、塩基などを入れてあげるとチラ見せがなんとも可愛い髪型になったり他の人と被らなヘアカラーが出来上がります。

思いっきりイメチェンをしたいという人よりかはさりげないおしゃれを楽しみたい、ヘアカラーを全部するのが怖い、全体的には雰囲気を変えたくないけどチラ見せで可愛くしたい、といった人におすすめです。

ポイントカラーのメリットデメリット

ポイントカラーにもメリットデメリットがあります。
何をするにも知っているのと知らないのでは違いますので知っておきましょう。

ポイントカラーのメリットは、

  • メリハリがつけやすい
  • 他と被りにくいカラー
  • 最小限で印象を変える

ポイントカラーでメリハリをつける

ハイライトや部分的にカラーをすることでカラーを際立たせることが可能になるのがポイントカラーのメリットの1つです。
立体感を演出したりチラ見せすることでおしゃれに見えたりもします。

ポイントカラーは他のカラーと差をつけやすい

もう1つのメリットとしては普通のカラーと差をつけやすいという点です。
普通の単色のカラーだとどうしても同じに見えてしまったりもしてしまいがちです。
人と違ったカラーにしたい方はビビッドな色を出すことで被りにくいカラーにすることができます。

ポイントカラーで最小限で印象を変える

全体染めをしたくない人やカラーによる痛みが気になる人は部分的に染めることができるポイントカラーをすることで最小限のダメージで印象を変えることができます。
イメチェンをしたいけど全体的にブリーチをするのはちょっと、、、と考えている方にはぴったりです。

逆にポイントカラーのデメリットは、

  • メンテナンスが大変
  • 縮毛矯正やパーマをする場合

ポイントカラーはメンテナンスが大変

ポイントカラーをする時にはだいたいブリーチをします。
ブリーチをするということはその部分の発色の良さを手に入れる代わりに色落ちも早くなってしまいがちです。また部分的にブリーチをしているので全体的に色を統一させるのが難しくなってしまいます。

ポイントカラーをした後は縮毛矯正やパーマに気をつける

ポイントカラーはブリーチをすることがほとんどです。ブリーチ縮毛矯正、パーマはダメージの関係性から相性が悪いです。どちらもダメージがすごいので縮毛矯正がかからない、パーマがかからないということもありますし、最悪髪の毛がちぎれてしまったり縮れてしまったりしてしまいます。
もし今後縮毛矯正やパーマをあてることがあるのであればポイントカラーをするときに相談をしてみるのがいいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です