ハイライトとローライトの違いは何??

ハイライトとローライトってご存知ですか??
どちらも髪の毛を立体的に見せていくカラーのデザインの一種なのですが、その違いは?って思っていう人もいるようです。

長さをあまり変えたくもないし、パーマを当てたい訳でもないし、、
そんな時にハイライトとかローライトをするとイメージを変えることができます。

今回はハイライトとローライトの違いとメリットデメリットについて記事にしていきたいと思います。

ハイライトとローライトの違いは??

ハイライトとローライトの違いを簡単に説明していきます。
ハイライトは基本的にベースとなる髪色よりも明るい色を筋状に入れていく施術になります。
ブリーチを使ったりすることで明るい印象を与えて発色をよくしてくれます。

明るい部分を作ることで髪の毛に立体感を出してくれます。

反対にローライトはベースとなる髪色よりも暗い色を入れる施術です。
暗い色を入れることにより引き締め効果や、奥行きを出してくれたりします。
また印象としては落ち着いた印象になります。

ハイライトとローライトのメリットデメリットは??

ハイライトとローライトにはメリットデメリットがあります。
ではまずハイライトのメリットデメリットを見ていきましょう!

ハイライトのメリット・デメリット

ハイライトのメリットとしては、

  • 髪の毛に立体感を出してくれる
  • 髪の毛の発色をよく見せてくれる

逆にハイライトのデメリットとしては、

  • ブリーチを使う場合があるのでダメージが気になる
  • 色抜けが早くなる

メリットは先ほども伝えましたが、発色が良くなり外国人風なカラーになりやすく巻いた時に立体感がすごく出ます。
ただしブリーチを使うことも多く髪の毛がボロボロになってしまうこともあります。
痛みにくいカラーは最近多く出ていますがダメージがゼロということはブリーチをする以上ありえません。またブリーチをした場合にキューティクルにダメージを与えてしまい色の持ちが悪くなってしまいます。なので後々のケアがとても大事になってきます。

ローライトのメリットデメリットは?

ローライトのメリットを見ていきましょう。

  • 奥行き、引き締め効果がある
  • 明るい色をしていても落ち着いた印象に見える

続いてローライトのデメリットです。

  • 暗い色を使った場合に次に明るくしにくくなる
  • 暗い印象に見えてしまう場合がある

ローライトは暗い色を使うため、グレイカラーなどの色が褪色しにくいカラー剤でした場合にその部分が次にカラーをする時に邪魔をして明るくなりにくくなる場合があります。
またローライトを入れすぎてしまうことで髪の毛全体が暗い印象に見えてしまったりもするので気をつけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です