白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

白髪が気になって染める白髪染め、おしゃれに染めたいときにするオシャレ染め、この二つの違いが何かわかりますか??

どちらも同じ色を染めるカラーですが違いがあるんです。

意外と知らないオシャレ染めと白髪染めの違いを今回はお伝えしていきたいと思います。

カラーの種類に分類すると、、

カラーを分類すると医薬部外品と化粧品とに分けれます。

一時的に染めるカラースプレーは化粧品に分類されますが、髪の毛の内部に色を入れていくカラー剤は医薬部外品に分類されます。

その医薬部外品の中で永久染毛剤に分けられるのが今回説明する白髪染めとファッションカラーです。

白髪染めとファッションカラーの違いは?

ブリーチ力がうんたらかんたら、、、染色力がうんたらかんたら、、、なんて難しい話はとりあえず置いといて、白髪染めとファッションカラーのメリットとデメリットをお伝えします。

白髪染めの目的とメリットとデメリットは??

白髪染めの目的はもちろん白髪を染めることですが、それ以外にも使われるのが、明るくなってしまった髪の毛を暗くする場合です。

もちろんファッションカラーでも暗くすることは可能なのですが、ブリーチをしているような髪の毛は色落ちが早くすぐに明るくなってしまいます。

そういった髪の毛で色落ちをなるべく持たせたくない場合に白髪染めを使って色持ちをよくさせる場合があります。

メリットとしては、

  • 白髪に色が入る
  • 明るめの髪の毛の場合だと色持ちがいい

デメリットとしては、

  • 色を明るくするのに向いていない
  • 暗くしすぎた場合は明るくするのが困難になる

ファッションカラーの目的とメリットデメリットは??

反対にファッションカラーは「色を楽しむ」ということを目的としています。なので黒髪から色を茶髪にしたり白髪染めと比べると色が鮮やかに発色してくれます。

ただ、明るくするということはどうしても褪色といって色抜けによる髪の毛が明るくなってしまう現象がおきます。

ファッションカラーのメリットは、

  • 色の種類が豊富
  • 髪の毛を明るくすることができる

ファッションカラーのデメリットは、

  • 明るい色になると白髪に対して色が入らない
  • 明るめの色に対して暗くした場合に色持ちが悪い

ざっくり白髪染めとファッションカラーを比べた場合にはこんな感じの違いがあります。

白髪染めとファッションカラーを混ぜてもいいのか?

美容室では白髪染めとファッションカラーを混ぜて使うことも多々ありますが、それは全然おっけーだと思います。

もちろん人によって配合は変わるのでこれくらいがいい!というのは一概には言えませんが、白髪のパーセンテージによって明るく染めたい白髪染めとかにはファッションカラーを混ぜて使うことがあります。

ただし、これをセルフでやってもいいのか?ということになると話は別になります。

セルフで混ぜるのはできる方はいいと思いますが、まず色がうまく発色しなくなったりどっちつかずになったりするのでやめたほうが賢明だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です