イルミナカラーとは?イルミナカラーのここがすごい!

みなさまこんにちは、chill hair design の古賀裕三です。
もうあっという間に1月も半ばに差し掛かってきましたね〜今年は十日恵比寿祭りで商売繁盛の祈願をしてきました。良い年にできるように頑張っていきます^^

今回はイルミナカラーってのがどういうものなのかをご紹介いたします。

イルミナカラーのメーカー

イルミナカラーを開発したのはwella professionals(ウエラ プロフェッショナルズ)です。
結構有名なメーカーですし市販でもプロフェッショナルではない方はカラー剤を販売しているので聞いたことある人もいるのではないでしょうか?

プロフェッショナルの方は美容室専売商品になっています。その中の一つがイルミナカラーというわけですね。
もともとウエラはアメリカの香水メーカー・コティのヘアケアメーカーです。
それを日本で販売しているのがウエラジャパンです。

意味としてはドイツ語で『波』です。ロゴが波のようになっているのもこれでうなづけますね。
イルミナカラーの他に有名なカラー剤としてはコレストンパーフェクトというのがあります。

イルミナカラーの特徴

イルミナカラーは『光髪』と呼ばれており、その名の通り光り輝く髪の毛を演出してくれます。
髪の毛にはもともと金属イオンなる銅イオンが付着していますが、通常のカラー剤ですとこの金属イオンとカラー剤が反応してキューティクルにダメージを与えてしまいます。

イルミナカラーはこの金属イオンをマイクロライトテクノロジーという方法で金属イオンを包み込みダメージの負担を抑えることができます。
そうすることによってキューティクルを綺麗に整え光を反射させて天使の輪のような光髪にしてくれるというわけです。

カラー剤によるダメージ負担の軽減は最近のカラー剤では当たり前になっているのですが、イルミナカラーはキューティクルのダメージ原因の配慮という、触り心地・艶でわかりやすく実感できるので人気になっているんですね^^

イルミナカラーの色

イルミナカラーには現在、オーキッド・オーシャン・フォレスト・ヌード・サファリ・コーラル・トワイライトという7つの色味があります。
それぞれ日本語でいうとわかりやすいです。

オーキッドは青紫です。黄色味を飛ばしてくれる紫と青で柔らかい印象にしてくれます。
ハイトーンでわない、ブリーチをしていない人は割と赤みが出てしまうように感じます。

オーシャンは青。透明感がある色で外国人風カラーによく使われます。
太陽光に当てるとより透け感が出ているのがわかります。

フォレストは緑です。赤と反対色である緑はより燻んだ色味を出してくれます。
明るめに入れると色素の薄い感じに仕上げられます。

ヌードは灰色とベージュです。イルミナカラーのベースとなる色味です。
グレージュなんて呼ばれ方もしますね。上品で落ち着いた印象になります。

サファリはベージュです。シアーな色味で人気が出やすい時期としては秋から冬が多いです。
ブリーチ毛にするとミルクティーのような色味にしてくれます。

コーラルはオレンジピンク。顔色を明るく見せ暖色系の艶もより得られます。
可愛らしい印象です。

トワイライトはピンク紫。イルミナカラーの中で後から登場しました。
気品のある大人の色味です。白髪にも若干入るみたいです。

イルミナカラーは基本職がグレージュで作られているため、日本人が出やすいとされている赤みを抑えながら発色してくれます。これで外国人風カラーができたり、透明感がある色を出してくれるんですね。

最後に

イルミナカラーについてざっくりと説明いたしましたがいかがだったでしょうか?
今はいろんなカラー剤が使われているのでカラーを楽しめますね^^
今回はこの辺で〜ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です