ブリーチした髪の毛の色をカバーする

みなさまこんにちは、福岡市中央区平尾のヘアサロンchill hair designです。
カラーをした後って出来るだけ色持ちを良くしたいですよね〜。

以前も色持ちを良くする方法を記事にしましたが、今回はブリーチしている人に対してのカラーの色持ちを良くする方法をお伝えしたいと思います。

ブリーチをすると色が早く抜ける理由

ブリーチは脱色して髪の毛を明るくさせます。
そうすると髪の毛が相当なダメージを受けます。髪の毛にハイターをかけているような感じです。

そのブリーチのダメージによって髪の毛の内部のメラニン色素を破壊するので細胞は死滅してしまいます。

水につけたら髪の毛がテロンテロンになってリカちゃん人形のような感じです。
ゴムみたいに伸びるのも特徴です。
繰り返すことによって髪の毛は切れやすくなるかチリチリになったり。

それで色が定着する場所が少なくなるので色抜けが早くなるんですね。
パーマもかかりにくくなります。

カラー剤は基本アルカリ剤なので、ブリーチ毛にアルカリ剤をつけるとダメージがめちゃ進行してしまって最悪切れたりもするんです。

そのなくなった細胞を一時的にトリートメントなんかで埋めることで修復したように感じられますが完璧に治すことは今の技術では不可能なんです。

セルフで色持ちを良くするには?

色持ちを良くするには最初に入れるカラー剤の染料を濃いものにするのが持ちを良くするのですが、市販のカラー剤なんかで色を足してしまうと結構リスキーなのでオススメしません。

セルフで色持ちを良くするにはシャンプーの洗浄力を良くするのがいいです。
ここに関しては以前の記事でもお伝えしているのでそちらを参考に。

ではセルフで色持ちを良くするにはどのようにしたらいいのか?
それは色を足してあげたらいいんです。

「え?さっき市販のカラー剤を使うのダメって言ったのに、、、」
色を足すのをアルカリ剤でなくすればいいのです。

アルカリ剤ではなく色を足せるのが今は結構豊富に取り揃えられています。
カラーシャンプー、カラーバターなんかがそうですね。

カラーシャンプーはムラシャンと呼ばれるものがあります。
これはシャンプー剤の中に紫の色素が入っています。
ブリーチをすると髪の毛が脱色されて黄色になります。紫は黄色の反対色なので、黄ばみを抑えてくれるんです。最近ではシルバー系にしたい人もブリーチ後に家でできるようなムラシャンも出てきました。
カラーシャンプーには紫だけではなく赤系、シルバー、ネイビーなどもあります。

カラーバターは、シャンプーの後にリンスの要領で使うだけで染まるという優れもの。
これに関してはめちゃくちゃラインナップがあるので自分がしたベースの色と同じにすればめちゃくちゃ持ちは良くなります。
というか発色が良すぎるものを選んでしまうと別の色になてしまう場合があるので色持ちを良くしたい程度のことであれば、週に 1、2回程度同系統のカラーバターを使ってあげるといいでしょう。

最後に

ブリーチはカラーを楽しむためには仕方ないのですが、色落ちが早いのも仕方ないです。
もちろんずっと同じ色で入れたらいいのですがそうなってしまうと美容室がなくなってしまうので笑

ブリーチはヘアケアも大事になってくるので頑張って楽しんでいきましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です