アッシュ系は落ちやすい??アッシュカラーを長持ちさせるには

 

みなさまこんにちは〜、福岡の平尾の美容室chill hair design の古賀裕三です。
ヘアカラーをしたことがある人なら大体の人が一度はしたくなる色、それが『アッシュ』です。
あの透き通る感じや抜け感が最近では外国人風カラーなんて呼ばれていたりして人気がある色ですよね〜。

でもアッシュって染めたことがある人ならわかると思いますが結構色落ちが早かったりと感じたことはありませんか??

「どうせ染めるなら出来るだけ長持ちしてほしい!!」

それは誰もが思うことだと思います。

今回はそんな人気のアッシュ系のカラーを長持ちさせる方法をお伝えしたいと思いますので参考にしてみてください。

アッシュ系ってどんな色??

アッシュ系って聞いたらなんとなく『可愛い』『かっこいい』なんてイメージがあっても実際にどんな色なのか把握していない人が結構多いようです。

アッシュにもいろんな種類があり、

マットアッシュ、シルバーアッシュ、スモーキーアッシュ、ラベンダーアッシュ、ホワイトアッシュ、ピンクアッシュ、オーシャンアッシュ、、、、もう数え切れないほどの色があります。

アッシュを直訳すると『灰』です。グレーですね。
でもカラー剤でのアッシュはほぼブルーだと思っていただいた方がいいです。
赤みを出しにくい色というのがアッシュだという認識で大体あってます。

ブリーチしていない髪の毛にアッシュ系を入れたことがある人は、

「意外にアッシュってこんなもん?」

って感じるのは日本人の髪の毛は赤褐色の色が強く出やすいとされているからなんです。

 

カラーを長持ちさせるには??

カラーは染めるとアッシュ系だけではなくレッド系でもマット系でもブラウン系でも、どの色でも褪色してきます。

特にシャンプーをするときにカラーが流れて落ちてしまうことがほとんどです。
究極髪の毛を洗わないという荒技もありますが、そんなことをすると人として何か失ってはいけないものがなくなりそうな感じもしますし、、、

イメージとしては色付きのTシャツを洗濯にかければかけるほどどんどん色落ちしてきますよね?あんな感じです。

ではヘアカラーを長持ちさせる方法としては、ヘアケアが肝心になってきます。

「またかよ、、、」

そう思う方もいるかもしれませんがやっぱりなんだかんだでヘアケアは大事なんです。

髪の毛のダメージを抑えることが結果的にカラーの色を長持ちさせてくれることにも繋がるんです。

アッシュカラーを長持ちさせる方法

アッシュカラーを長持ちさせる方法としては、

  • シャンプー
  • ドライヤー、アイロン
  • 紫外線

これらの点に気をつけていきましょう。

シャンプーは洗浄力の強さです。
基本的に市販のシャンプーは洗浄力が強いとされているのでもし使うのであればお湯で少し薄めた後によく泡だてて使うと多少洗浄力が弱まります。

毎日使うものだからこそ気をつけておかないとあっという間にカラーが抜けてしまうことにもなりかねません。

基本的にはアミノ酸系の洗浄力の優しいシャンプーやカラー用のシャンプーを1週間程度使うだけでももちは全然違ってきます。

また最近ではカラーシャンプーで色を補助してくれる商品もあるので色落ちが激しい方は使ってみるのもいいですね!!アッシュ系の場合で選ぶカラーシャンプーは紫系かシルバー系を選ぶといいと思います。

またシャンプー剤も大事ですが、洗い方も意外と大事なんです。

お湯の温度は38度と冬の季節にはちょっと寒かもしれませんが、、、
次に髪の毛を洗う際に爪を立てたり髪の毛が絡まってしまったりして摩擦がすごく起きているので泡をしっかり立てて揉み込むようなイメージで優しく洗ってあげてください。

すすぎにも時間をかけ丁寧にシャンプーと流しをしてあげて頭皮と髪の毛が健康な状態になればカラー剤の定着も上がるので色持ちも良くなるということです。

ドライヤーやアイロンなどの熱による色落ちもあります。
ドライヤーやアイロンを使う前はアウトバストリートメントをつけ髪の毛を熱から守ってあげることが大事なんです。

カラーをした直後にアイロンをしたことで色が変わったことはありませんか??
それは熱によって髪の毛が変化しているからなんですよ。
今ではダメージを抑えれるようなアイロンやドライヤーもありますのでそこらへんのを使ってもいいかもしれませんね〜

紫外線もカラーの褪色を早めてしまいます。
普通の生活をしている人であれば紫外線は避けては通れない道です。

紫外線にはカラーの色素を破壊してしまう効果があるって知っていましたか??
最近ではUVカットのヘアスプレーやアウトバストリートメントもあるので対処するようにしてください。

ブリーチをしている人は特に気をつけて!!

アッシュ系の色味をしっかり出そうとした場合ブリーチは必要になってきます。
ブリーチは髪の毛の色素を破壊していって脱色するのでダメージはもちろん色抜けもめちゃくちゃ速くなります。

ただブリーチをすることでより透明感があるアッシュにできるのはあるんですよね〜

これもブリーチをしたことがある人はわかると思いますが、何もケアをしていないと一瞬で色落ちしてしまいます。

対策としては上記の対策に加え、最初のカラーを染めるときに少し暗めの色にすることで色素の量が増え同じアッシュでも持ちが良くなります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です