イルミナカラーって危険!?その真相は??

みなさまこんにちは、福岡の平尾の美容室 chill hair design の古賀裕三です。
カラー剤の定番になりつつある人気のイルミナカラー。

  • ブリーチなしでも外国人風になれる
  • ダメージレス
  • 発色が良い
  • 繰り返すほどにツヤがでる

などなど、イルミナカラーが人気になったのはこれらが全面的に打ち出されていたからだと思います。
私自身が使用してみた感じでも発色はかなりいいしツヤもしっかり出るのですごくいい感じだと思いますが、一点気になるところが、、、

それがダメージレスをうたっているという点です。

  • ブリーチ力が高いので従来のカラー剤よりもダメージが出る
  • 色落ちが早い

イルミナカラーが流行りだしてから綺麗に赤みを打ち消してくれるカラー剤として
スロウカラー、アディクシーカラーも人気になってきています。

こういった綺麗に発色するのはいいことなんですが、使い方を間違えてしまうと今までよりも髪の毛がいたんでしまった!すぐに色落ちしてしまった!ということになりかねないので気をつけましょう!!

イルミナカラーの何が危険なのか??

ではイルミナカラーのどういったところが危険なのかを説明していきたいと思います。

先ほどもお伝えしましたがブリーチ力が高いという点が一番使い方を気をつけなければならないポイントです。

ブリーチといえば髪の脱色と思いがちな人も多いのですがカラー剤の中にも入っています。

黒髪の場合からカラーをするときは一回色が抜けてその後に色が入るという仕組みです。

で、イルミナカラーの発色がいいとされるのにこのブリーチ力が強い!ということがあげられるんですね。ブリーチ力が強いとそれだけカラーが髪の毛に色が入りやすい状態が作られるということです。

通常の脱色するブリーチよりは髪の毛にダメージはありませんが、従来のカラー剤に比べると強いという力関係になると思います。

よく勘違いされる方がいるのですが『ダメージレス』=『ダメージがない』ということではないんですね。

ではイルミナカラーのダメージレスというのはどこからきているのでしょうか?

イルミナカラーがダメージレスとされる理由

それは髪の毛の表面にあるキューティクルがツヤツヤになってコーティングをしているからだと思います。

イルミナカラーの中で金属イオンの除去という言葉が出てきますが、カラー剤と反応して髪の毛の表面で爆発してしまうのをイルミナカラーは抑えてくれます。

そしてそのキューティクルのボコボコを減らしてくれることで光の反射をよくしてツヤが得られるという仕組みなんですね〜

ダメージレスといっても色々種類があるんです。
イルミナカラーはそれがコーティングによって得られるもののようです。

イルミナカラーは結局危険なの?

結果的にいえばカラー剤とうたっている以上ダメージがないものはないと思います。
それはイルミナカラーにしろ、通常のカラーにしろです。

そのために色々とトリートメントや前処理があったりします。
イルミナカラーのこのダメージという短所を知らない人が使ってしまうと以前よりも髪の毛のダメージが出てしまったりしてしまいます。

どのカラー剤で染めるより誰が染めるということの方が大事なような気がします。

カラー剤の特徴を知っていれば必要最低限のダメージで発色もよくできます。

イルミナカラーをしてみたいけど髪の毛のダメージが気になるという人はぜひ一度相談してみてくださいね〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です