カラーや白髪染めがしみる原因

カラーをするときに頭皮がしみたりしたことありませんか?
地肌への負担が心配になったり将来的に頭皮が大丈夫なのか心配になったりしますよね〜

でもカラーで色を楽しみたい、白髪が伸びてくるので染めないといけない、、
そういう方も少なくないのではないでしょうか?

まだらになった白髪をそのままにしておくよりも綺麗な状態を出来るだけ維持したいという方は多いはずです。

でももし頭皮がしみたりするのであれば我慢するべきではありません。

頭皮が熱くなってしまった、少しスースーする、少しだけ頭皮がピリピリと感じる、
この程度であればさほど問題はないのですが、

頭皮が燃えるように熱い、痛みを感じるほどピリピリする、
ここまでなって我慢する必要は全くありません。

むしろ我慢することによって炎症を起こしてしまったりしたら今後カラーするときに支障が出てきたりするのでその時は遠慮なくいった方がいいです。

市販のカラー剤のように強いカラー剤で痛みを感じてしまったりしてしまうと炎症を起こすだけでなく顔まで腫れてしまったり、アレルギー反応が出てしまったりでカラーができない体質になってしまうこともあるので注意です!

いいカラー剤と美容師の技術で綺麗に染めてもらうのが一番です。

カラーがしみる原因は??

カラー剤でしみる原因と言われているのが、

  • ジアミン
  • アルカリ
  • 過酸化水素

です。

体質によってはブリーチをしても全くしみない人はしみないです。
体質や頭皮の状態によってこれらのカラー剤に含まれる成分でしみてしまう人はいます。

また塗り方で地肌についてしまいやすい白髪染めの方がしみてしまったり高明度のカラー剤を使ってアルカリが強いので反応をしてしまう方もいます。

頭皮の状態でカラーがしみやすいのは??

カラー剤がしみてしまいやすい頭皮の状態というのは

  • 頭皮の皮脂が足りない状態
  • 頭皮に傷がある
  • 体調がすぐれない
  • アレルギー体質
  • ホルモンバランスが悪い

これらの状態です。

カラーがしみにくい状態にするには?

カラーがしみてしまいやすい人は、

  • 事前に美容師に伝える
  • 前日にシャンプーをしない
  • 体調がすぐれない時は伝える
  • 頭皮に傷がある人は治療してからカラーする
  • 頭皮に保護オイルを塗る

これらのことをすることでカラーがしみにくい頭皮の状態を作ることができます。

カラーや白髪染めがしみる原因 まとめ

カラーがしみやすい人はしみる原因を出来るだけ美容師に伝えた上でしみにくい塗布をしてもらうか薬剤の選定をしてもらうようにしましょう!

また自分でできる改善策として前日にシャンプーをしないで頭皮の皮脂がある状態にし乾燥を防いですることも大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です