オリーブアッシュのカラーが透明感があっておしゃれ

みなさまこんにちは、平尾の美容室chill hair design の古賀裕三です。

今回は赤みがないカラーとしてオリーブアッシュがどんなカラーなのかを紹介していきたいと思います。

オリーブアッシュとはどんな色??

外国人風、透明感、抜け感といろんないいとこ取りのカラーであるオリーブアッシュはどんな色なのか??

オリーブというのはマット系の色で赤みをおさえてくれます。
アッシュは青系の色で透明感が出ます。

この色味の掛け合わせによって赤みをおさえたオリーブアッシュが完成です。

日本人やアジア系の人は髪の毛が赤系やオレンジ系に傾きやすい傾向があります。
でもオリーブの色で赤みを抑えることでこの嫌な赤みやオレンジの発色を軽減してくれて透明感がある色を出してくれるんです。

他にオリーブアッシュのいいところとして暗髪にしても透明感が出るというところです。

仕事や学校、バイトでカラーの明るさを明るくできない人でもおしゃれを楽しめるところがオリーブアッシュのいいところです。

明るくすればするほど透明感が増すので明るいトーンでもオリーブアッシュはオススメです。

明るくしている人は抜けてくるとオレンジになりやすいのですが、オリーブが補色となってこの色落ちした時に感じもいい感じになります。

オリーブアッシュがもたらす心理的効果としては、『落ち着き』です。
鎮静色として自然をイメージさせる色でリラックス効果があり、清潔感やナチュラルな可愛さが出ます。

オリーブアッシュが出にくい髪質

誰でもオリーブアッシュが出やすいわけではありません。

オリーブアッシュ系の色が出にくい髪質として、

  • 黒染めをしている
  • 前回のカラーが赤系でしている

こういった人は一度でオリーブアッシュに持っていくのは難しいです。

黒染めしているとオリーブアッシュに限らずどんな色も入りにくくなってしまいます。
黒染めの色素はものすごく濃いのでなかなか思った通りに発色してくれません。

例えるなら黒マジックに色鉛筆で色を足しているような感覚です。

先ほども少しお伝えしましたがオリーブ系と赤系は反対の色になります。
ということはベースの色で赤みが残っているとオリーブに持っていくのは難しくなります。反対色ということは色味同士が相殺してしまうのでブラウンになってしまいます。

オリーブアッシュを発色しやすくするには??

出にくい髪質から対策していくと髪の毛内部の赤みを除いてあげるとオリーブアッシュの発色はよくなります。

赤系の色をしている人であれば、1回目はオリーブ系で赤みをおさえ、そのあとも同系色でカラーをすることで赤みをおさえて発色が良くなっていきます。

黒染めしている人は強引な方法になりますが、ブリーチ・脱染剤という方法になります。
こうすることで黒染めの濃い色素を強引に抜き綺麗に発色させることができます。

黒染めの度合いによっては一度で抜けない場合があるので何回かしないと行けない場合もあります。

そういった場合はダメージがものすごくなってしまいますのでヘアケアは必ずしておいたほうがいいと思います。

オリーブアッシュのカラーが透明感があっておしゃれ まとめ

透明感と柔らかさを演出してくれるオリーブアッシュは赤みが嫌な人にはもってこいのカラーです。イメチェンしたい人にもいいかもしれませんね〜

平尾で美容室を探しているのであればお気軽に相談してください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です