レイヤーをなくしていきたい時はどうすればいいのか??

髪の毛を伸ばしている時、思いの外レイヤーを入れたことによって扱いづらくなってしまったとき、
レイヤーをなくしていきたい時はあると思います。

そもそもレイヤーってどんな髪型なの?レイヤーってどんな時に入れたらいいのか?メリットデメリットは?というあまり聞けないことも簡単に説明していきたいと思います。

レイヤーカットはとは??

レイヤーはは日本語で『段』のことをさします。
レイヤーカットは段が入っているカットのことです。

もっとわかりやすくいうと髪の毛の表面が短くなっている段が入っているような髪型のことです。
部分的にレイヤーを入れたりもしますが今回はそこらへんは割愛ということで。

髪の毛が多い人がレイヤーを入れることで軽さを出したりボリューム調整をしたりします。
またレイヤーを入れることで動きを出しやすくなります。

ヘアスタイルにもよりますがレイヤーを入れることで軽やかな印象を与えることができます。

レイヤーを入れることによるメリットデメリットは?

レイヤーを入れることによるメリットとしては

  • 軽さが出る
  • 動きが出しやすい
  • 頭の形を綺麗に見せることができる

デメリットとしては

  • まとまりにくくなる
  • 髪型のバリエーションが少なくなる
  • 傷んで見えたりする場合がある

こういうメリットデメリットがありますが、今後の髪型や今したい髪型をどうしたいのかというのを考えて迷っている人はレイヤーカットの参考にしてください。

レイヤーをなくしていくには??

当たり前ですが、カットで調整をしていかないとレイヤーが入っている部分の差は縮まりません。
カットで調節する際にレイヤー部分はカットしない、もしくは整えるくらいにする。

反対にしたの部分はレイヤー部分との差をなくすために長さをカットする。

この繰り返しをすることでレイヤー部分と長さの部分でさが縮まり徐々になくなっていきます。

また量感調節の場合も表面のレイヤー部分を軽くしすぎてしまうと段が入っていなくても毛先が細くなっていくのでレイヤーが入っているように見えてしまうので気をつけてもらいましょう。

綺麗に髪の毛を伸ばしていくのには時間がかかると思いますが、あまり印象を変えずにレイヤーをなくすのにはこれが一番です。

他の方法としてはレイヤーが入っている部分に長さを合わしてカットするというバッサリカットする方法です。

今後どのようにしてレイヤーをなくしていくのかを美容師と相談しながら決めていくのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です