直毛だけど前髪が流れない人は部分パーマがオススメ

前髪が直毛だけど流したい!という人は結構多いかと思います。
前髪が長くなってくると直毛の人はスダレみたいになってしまって鬼太郎ヘアみたいになってしまいます。

ミステリアスんな印象にはなりますが、あえてそうする以外の人は流したいという声は結構聞きます。

そう言った人は前髪に気持ちカールを与えるニュアンスパーマがおすすめです。

 

前髪が直毛の人はニュアンスパーマがオススメ

ニュアンスパーマというのは毛質を少しだけ変えるパーマのことです。
名前の通りニュアンスを与えてあげるくらいな感じです。

直毛すぎる毛質をくせ毛のような感じしにするニュアンスパーマを当てることで前髪を流しやすくしてくれます。

ただし強めのパーマでもないし、地毛が直毛なので持ちは良くありません。
持ちを良くしたい場合はドライヤーでブローしてあげるなら少し強めに当ててあげてもいいかもしれません。

直毛で前髪が浮きやすい人はドライヤーが大事

直毛の人あるあるなのが前髪を短くしてしまうとスネ夫のようの浮いてしまうという現象。

これがなかなか厄介で短くしたいけども短くすると浮いてしまう、、

こう言った人もパーマがおすすめです。
こういう前髪浮きやすい人はピンパーマで根元を押さえてパーマをかけてあげると少し浮きにくくなります。

ただ、これも一時的なもんなのでやりすぎには気をつけないといけません。
そういう場合は以前の記事でも説明しましたが、ドライヤーの当て方が大事になってきます。

ドライヤーを根元を抑えるように当て、生え方に逆らわないようにし冷風を当てて形を作るということが前髪を浮かないようにする、または浮いてもおかしくないようにすることにつながります。

直毛で前髪が流れない人は前髪を少し伸ばす

前髪が直毛すぎて流れないという人は少し長さを伸ばしてみるのも一つの手段です。

直毛なのに前髪が短い人は毛質の方が勝ってしまい流れないのですが、長さが長くなると巻きやすくなったり、長さによる重みが出てくるので短い時よりは流しやすくなります。

それくらいの長さになればパーマを当てるとより流しやすい感じが出しやすくなります。

直毛だけど前髪が流れない人は部分パーマがオススメ まとめ

男女問わず前髪を流したいという人はいるかと思いますが、自分の毛質を理解した上で美容師に相談してみるといいと思います。

普段の生活でブラシを使ったブローをしないのであればニュアンスパーマ、短いのであればピンパーマ、長くてブローをするのであれば少し強めのパーマ、あとは根元の生え方なども色々考慮してあげないといけません。

元の生え方が分け目がしっかりついているようであればそもそものドライヤーの当て方を見直しそれからパーマを当てるようにすると自分が思っているような前髪に近づくかもしれませんよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です