くせ毛を生かした髪型 40代女性はショート?それともロング?

みなさまこんにちは、福岡の平尾の美容室 chill hair design の古賀です。
40代になってくると生活にも余裕が出てきて「髪の毛を綺麗にしたい」「若くみられたい」「髪質が変わってきた」と髪の毛に対する意識も高くなってくる傾向があります。

今までは流行りを意識したカラーやパーマ、コテで巻いたりなどをしていたけども、髪の毛のダメージが気になって次第にやめていき地毛でなんとかできないか?という感じに考え方が変わっていくのが流行っています。

くせ毛が気になって縮毛矯正を繰り返してはいませんか??

確かに縮毛矯正はくせ毛が気になる人にとっては夢のような技術ですが、伸びてくると根元がくせ毛で毛先がストレートと不自然な感じになってしまいます。

縮毛矯正は一度かけると半永久的に持ってしまうので根元のくせ毛が気になってまた縮毛矯正を当ててしまう、、、そうなってしまうとダメージの進行はどんどん進んでしまいます。

そこで今回は脱縮毛矯正に向けて40代女性はどんな髪型いいのか?ショートとロングはどっちがオススメなのか?というのを記事にしてみました。

40代でくせ毛の髪型はロングとショートどちらがいいのか?

40代になるとロングからショートに髪型を変えていく人が多いです。
それは「ボリュームがなくなってきた」「生え際の白髪が気になる」「好きな芸能人がショート」などをきっかけにショートにする人は多いです。

確かにショートの方が似合う人は多いと思いますが、ロングの方が似合う人もいます。

どちらがいいというのはなく、「自分が何を気にしているか」「自分がどうみられたいか」などを考えて長さを決めるのもアリかと思います。

もちろんくせ毛の強さにもよってショートでもボブで重ためにして抑えるのか、くせ毛が弱いのであればレイヤーを入れてウルフカットにしたりと色々変わってきます。

40代くせ毛ショートの髪型

 

こういうトップにレイヤーを入れたふんわりとした感じが素敵に見えます。
襟足をあえて少し残すことでウルフ感を出してる所が最近のトレンドを入れていると思います。

続いて人気なのがボブベースのくせ毛を生かした髪型です。
ボブは手入れが楽でこなれ感が出るのでいつの時代も人気の髪型です。
ロングからショートに変える場合はこれくらいから始めてもいいかもしれませんね。

くせ毛が強い人は思い切ってこれくらい短くしてしまうのもくせ毛を生かしたショートで可愛いと思います。

サイドのボリュームが気になる人はツーブロックを軽く入れるという選択肢もあっていいと思います。

40代くせ毛ロングの髪型

くせ毛を生かしたクール系の髪型も人気です。
前髪を流すくらいの長さを残すと動きが出て全体的なシルエットも取りやすいです。

前髪があると甘い感じになって可愛い印象になります。
前髪の癖が強いとなかなか難しくはなりますが、そこまで強くないくせ毛ならこういう前髪ありのロングスタイルもグッドだと思います。

 

くせ毛を生かした髪型 40代女性はショート?それともロング?まとめ

簡単ではありましたが癖を生かした髪型の紹介でした。

ロングかショートか、それは癖の強さや普段のお手入れの意識の違いにもよって選ぶのがベターだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です