メンズで小顔に見せれる髪型とは?

みなさまこんにちは、平尾の美容室 chill hair design の古賀です。
最近は男性でも美意識が高い人が増えてきています。

サラリーマンの男性でもネイルしたり、大学生の男性でもエステ行ったり、脱毛したり、
いろんなところで女性との垣根がなくなってきているのかもしれません。

そこで今回は男性でも小顔に見える髪型はどんな風にオーダーしたらいいのか?
どういう髪型が小顔に見えるのか?を記事にしていきます。

メンズの小顔な髪型は前髪と顔周りに意識すべし!

 

メンズの髪型といえばショートがほとんどだと思います。
最近ではロングやミディアムの人も多くはなってきていますが、それでも仕事や学校での規則、普段の生活でセットにそこまで時間がかけれない感じの人も多いのでやっぱり楽なショートヘアーになりがちです。

メンズで小顔に見せれるポイントとしては、女性の時と同じく自分の顔の形を把握しておくことから始まります。

顔の形はタマゴ型が理想とされており、丸顔・面長・逆三角形・ベース型という感じに分けられます。

丸顔の人は縦のシルエット、面長は横を意識し、逆三角は襟足、ベース型はエラ部分、とこんな感じで意識してあげるといいと思います。

「ベース型だけと顔周りの毛がうざい」「逆三角形だけど襟足が短いのが好き」という人もいるかもしれませんがそういう場合は美容師に相談してもらいながら決めるのがいいと思います。(ただ女性ほど男性の場合はそこまで意識してあげなくてもいいかもしれません。)

その場合前髪と顔周りの髪の毛を意識してあげると小顔効果が出てきます。

頭の形がよく見えるのはひし形と言われていますので、自分の顔の形で足りないところを足す、いらないところを削る、そういうカットが大事になってきます。

前髪も目に当たるくらいの長さだと面長の人でもバランスよく見えるし、前髪を分けて丸顔の人だとデコを少し見せる感じにすると縦長のシルエットが出ます。

エラはりのベース顔の人と逆三角形の人も顔周りの毛をマッシュ気味にカットすることで顔のベースを見せなくすることで小顔効果が出ます。

 

メンズはウルフカットでも小顔に見せれる!

最近また流行り出したと言われているカットがウルフカットです。
ウルフカットとはトップは短め、襟足は少し長めという感じのカットです。

これは結構理にかなっているカットで小顔効果があります。

ただ少しワイルドになりがちなので、昔っぽくなりすぎないように顔周りにマッシュを入れているマッシュウルフという感じが最近流行ってきています。

メンズの小顔効果は顔周りのカラーに気をつける

カットで小顔にすることに注目されがちですが、意外とカラーでも小顔に見せることができます。

それは陰影をつけることです。

全体的に明るくしてしまうと膨張色の場合顔が大きく見えてしまいがちですが、顔周りや前髪を暗めに染めてあげることで顔周りの印象を締めてあげることでだまし絵的な感じで小顔に見えるんですね。

目の錯覚という感じです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です