天パの人がパーマをあてる時に気をつけること!!

梅雨の時期に天パの人は髪の毛が広がりまくって大変な思いをしている人も少なくないのでしょうか??もういっそのことパーマをあててみてはどうなのか?そう思っている人もいるようです。

スタイルブックなんかをみていると巻いていたり、パーマをあてていたりで可愛いスタイルが多く乗っているのに自分が天パだからどうなのか?できるのか?という疑問を持ってはいませんか??

くせ毛を直す=ストレートと思いがちですが意外とパーマでも対策ができてしまったりもします。

天パの人がパーマをあてる時は自分の癖の具合を把握しておく

天パの人はカールがランダムになっていることがほとんどで自分でセットがやりにくいです。
そういう天パの人はパーマをあてることでカールに方向性をつけることでセットがやりやすくなったり、動きを出しやすくなったりします。

ストレートヘアの人にはできない髪型と言えます。

ただし気をつけておかないといけないポイントがあります。
それは自分の天パの強さです。

くせ毛の人がパーマをあてる場合は自分の天パの癖よりも強くあてる必要があります。
それは天パよりも弱くあててしまうことで自分のくせ毛の方が勝ってしまうことでパーマが当たっていることがわかりにくいからなんです。

なのでくせ毛が強い人がゆるふわなパーマをあててみたいというときは難しいのです。
せっかくパーマをあててもわからない、、、なんてことになるのは嫌ですよね。

そういう場合は根元は縮毛矯正で毛先はデジタルパーマなんかのストカールをすることで解決できることもあります。

なにはともあれできるできないは別として美容師に相談して決めてみるのがいいと思います。

また自分の髪質をわかっておくことも大事です。

パーマも髪質によってかかりやすい、かかりにくいなどがあります。
それは髪質が太かったり細かったり、カラーをしているのかなどのダメージがあるのかないのか、柔らかいのか硬いのか、などが関係してきます。

自分がどういうスタイルにしたいのかを把握しておくことで似合う髪型を美容師が提案してくれると思いますよ。

天パだからパーマを諦めている人、目的は人それぞれだと思いますがおしゃれを楽しめるといいですね。

くせ毛を生かしたカットだけで解決することもありますし施術をしないといけないこともあります。
セットの方法もスタイリング剤もどんなものを使ったらいいのかなどをしっかりと教えてもらうようにしましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です