湿気対策には水分が大事

雨が降ったり梅雨時期に髪の毛をセットしてもなかなかうまく決まらないし、せっかくセットした髪の毛がすぐに崩れてしまったという経験はくせ毛の方なら誰しも感じたことがあると思います。

その原因の正体は『湿気』なんです。

今回はこれから梅雨時期になってきて髪の毛がうまくまとまらない人のために湿気対策を記事にしてみました。

湿気で広がってしまう原因

湿気で広がってしまう原因は水分量に関係しています。

髪の毛内部の水分がうまく調節されず、空気中に含まれる水分を髪の毛が吸い取ってしまい膨張してしまうということなんですね。

ではそういう風になりやすい人はというともともとくせ毛の人はもちろん、ダメージを重ねてしまっている人です。

ダメージを受けてしまっている人はキューティクルがはがれてしまって髪の毛内部に含まれる栄養分と水分量が一定に保ててないので広がりに変わってしまうのです。

では対策はどのようにしたらいいのか?

湿気対策はどのようにしたらいいのか?

キューティクルを開かせないようにするにはまずはダメージケアです。

ヘアオイルやトリートメントをすることで髪の毛のダメージを未然に防ぐことが大事です。

あと以外と大事なのがブラッシングです。
ブラッシングをすることによって髪の毛内部の水分量が一定に保たれ広がりにくくなります。

またアウトバストリートメントを使う際はミルクタイプとオイルタイプ、ミストタイプがありますが、髪の毛の中に水分を前もって入れておくことによって外気の水分を髪の毛の中に入れないようすることで広がりを抑えることができます。

ミストタイプかミルクタイプで前もって保湿をしてオイルでコーティングして髪の毛一本一本の水分量を一定に保つことで余計な水分を吸収しなくなるので湿気対策につながります。

スタイリング剤をつけることで髪型をキープしやすくなるのでバターやワックスなどをつけることで維持しやすくなります。

またドライヤーをしっかり当てることでキューティクルの広がりを抑えることができますのでドライヤーで乾かし最後の仕上げに冷風を当ててキューティクルを閉めるようにしましょう。

ジメジメとしている梅雨時期は額に汗をかきがちです。
せっかく綺麗になった髪の毛も額のや顔周りに汗をかくことで広がってしまいますので汗をかいてしまった場合はこまめにふき取るようにしましょうね。

それでも広がるという人は簡単にまとまる方法として縮毛矯正を当てることで抑えることができます。

縮毛矯正は一長一短ですが、効果的な湿気対策ですので美容師に相談してメリットデメリットを確認した上でしてみるのもいいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です