朝と夜、どっちにシャンプーするのがいいのか??

みなさまこんにちは、平尾の美容室 chill hair design の古賀裕三です。

ついつい寝過ごしてしまって朝シャンをしてしまったり、朝と夜の両方シャンプーをするのが習慣になっている人、様々だと思いますが、朝と夜のどちらにシャンプーをするのがいいのかという声をいただきましたので記事にしてみました。

毎日シャンプーをすることは清潔に保つためにはいいことなのですが、やりすぎは頭皮の負担を感じてしまったりしていけないこともあります。

朝シャンをすることで起きる問題は?

朝シャンと夜シャンを比べると頭皮にかかる負担は朝シャンの方が大きくなるとされています。

洗うタイミングが違うだけでなぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

朝シャンのメリットとしては、『目覚めが良くなる』『寝癖がしっかり取れる』『頭皮の臭いをリセットできる』ということが考えられます。

寝癖がついたままセットをするのはなかなか至難の技だと思いますし、時間がない朝にそこまで時間をかけることができる簡単に済ませてしまう方が多くなってしまいます。

朝は時間がないので簡単に済ませてしまうのでゴシゴシと洗いすぎてしまったり、すすぎが不十分だったり、ドライヤーをかける時間が短く乾ききってない状態になりやすいです。

半端に乾かすことで湿った状態になり菌が繁殖しやすい状態になり臭いや炎症の原因にもなってしまいます。

またこれだけではなく夜洗っていないと皮脂やスタイリング剤が頭皮や髪の毛に残ったままで髪の毛の成長にも良くないとされています。

年齢を重ねることでも髪の毛が成長しにくくなることがありますが、若くしてこういう状態になっているという人はこれが原因の一つかもしれません。

夜に頭皮や髪の毛を綺麗な状態にしてあげることで髪の毛の成長する時間帯(22時から2時の間)で成長ホルモンや栄養がしっかりと行き渡りやすくなり髪の毛の成長が良くなります。

そして朝シャンの怖いところが紫外線です。

頭皮には必要な皮脂もあります。

朝シャンをすることで必要な膜がなくなってしまい紫外線の影響をもろに受けてしまうということになってしまいます。

紫外線を受けてしまうと悪影響になってしまうので朝シャンをする人は気をつけましょうね。

結果的にシャンプーは夜のうちにするのがいいということになります。

朝シャンをやめられない人が気をつけること

そうはいっても習慣というのはなかなか簡単には変えるのは難しいですよね。

夜と朝に両方シャンプーしている人は夜は通常通りにシャンプーをして朝はすすぎをしっかりとするだけに変えて皮脂の取りすぎにきをつけるようにしましょう。

また朝は時間がなく焦ってしまいがちなので手入れが雑になってしまいがちです。
少し早起きすることで髪の毛や頭皮のケアにかけれる時間を増やしてあげましょう。

また朝シャンをする人は保湿が足りなくなっていることがありますので、頭皮用の化粧水などで頭皮にうるおいを与えて、UVカットなどの紫外線をカットできるようなスプレーやアウトバストリートメントを使うのもいいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です