白髪はメラニン色素の減少が原因?白髪が気になりだした時にすること

日本人の髪の毛はほとんどの人が黒髪ですが、海外の人では金髪や赤毛の人もいます。
どうして同じ人なのに色が違うのか??
これはメラニン色素というのが深く関係しています。

まずはメラニン色素というのを理解し、白髪になる原因を把握してから白髪になった時にどういう対策をしたらいいのかを考えていきましょう。

メラニン色素ってなに??

メラニン色素という言葉は聞いたことがあると思います。
肌の日焼けや目の色、髪の毛の色を決めるのがメラニン色素です。

髪の毛の色を作っているのはメラニン色素なのですが、このメラニン色素が作られるのがメラノサイトという場所です。

髪の毛に関係するメラニン色素は2種類あり、黒褐色のユウメラニンと橙赤色のフィオメラニンというのがあります。

日本人のような黒髪はユウメラニンが多く、赤毛のかたはフィオメラニンが多いという感じです。
金髪の人はメラニン色素自体が少ないということになります。

メラニン色素の役割としては肌や髪の毛を守ることで、メラニンが少ないと紫外線からの影響を受けやすいということになります。

カラーとメラニンの関係

日本人のような黒髪の人が金髪にする時はブリーチを使います。
このブリーチというのは髪の毛を脱色させて金髪にするのですが、脱色させる過程で髪の毛の中にあるメラニン色素を破壊することで髪の毛の中のメラニン色素を減らして金髪に見えるのです。

洋服や洗剤でもブリーチを使うと色が抜けていく感覚と似ていますね。
ただ髪の毛のメラニン色素はしっかりとあることが多いので何度かブリーチを繰り返すことで髪の毛がどんどん白く金髪になっていくんですね。

では白髪はどうなのか??

察しがいい人はお分かりですね。
そう、髪の毛にメラニン色素がない状態になっているんです。

髪の毛はもともと白い状態でメラノサイトからメラニン色素が髪の毛に色をつけることで黒髪に見えるようになっています。

ということはメラノサイトで色が作られなくなることで白髪になってしまうのです。

白髪が気になった時にする対策は??

白髪になる原因はメラノサイトが活動しなくなってしまったということがわかったと思います。
しかし残念ながらなんでメラノサイトが活動しなくなるのか?というはっきりとした原因はわかっていないのです。

いろいろなことを言われていますが、白髪が出やすい場所というのがあると思います。

  • 分け目
  • 顔まわり
  • 頭頂部

などです。もちろん自分で見えてしまう部分なので気になるからというのもありますが、襟足のところは白髪が少ない人が多いです。

これは何かに似ていると思いませんか??

そう男性の薄毛です。

頭頂部や生え際、分け目と薄くなっている部分に白髪が多くできてしまうのはなんででしょうか?
それは血行が関係しているからという説があります。

ということは血行促進をしてあげることで白髪に対する予防ができるとも考えられます。

毎日のことで意外とおろそかになってしまいがちなシャンプーや頭皮のマッサージをしてあげることで血流を良くすることにつながります。

何事も続けることが大事なので毎日のシャンプーの際に少し指の腹で気になる部分のマッサージをしてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です