髪年齢って知っていますか?見た目年齢と関係している髪の毛の関係

肌年齢という言葉はよく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
では髪年齢という言葉もあるのはご存知でしたか?

髪年齢とは髪が与える周りの人がどう思われるかという印象を年齢に例えたことです。

例えばボリュームがなくぺたんこヘアで元気がない細い髪の毛だと若々しい印象はないですよね。
反対に髪の毛がツヤツヤで髪の毛が太く立ち上がりもしっかりしているのはどうでしょうか?

若々しい印象を持ちませんか?

昔は髪の毛が元気で立ち上がりもしっかりしていたのに、、
最近髪の毛が細くなってきた、、、
昔は艶があったのにパサパサに見えてくるようになってきた、、、

そういう風に感じるのであればそれは髪年齢に変化が出てきたからかもしれませんよ。

年代別髪年齢の変化

肌の場合、としを重ねてくるとハリや艶がなくなってきてたるみが気になってきたりします。
髪の毛もそれと同じような現象が起きてしまいます。

20代までは髪の毛が元気だったのに、30代になると髪の毛が少し変化してきたような感じがする、、

年代別に大まかにどんな変化が起きてくるのか確認してみましょう。

30代になると老化が始まってきて艶や潤いが減ってきたように感じたりします。
老化の始まりにより水分量が減少し髪の毛にうねりやパサつきが出始めます。

40代になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少してきた影響で髪の毛内部の脂質が少なくなって、ハリコシがなくなってきたように感じボリュームが出なく感じてしまうことがあります。
またうねりや艶も無くなってきたような感じが見た目でわかりやすく出る傾向があります。

50代になると女性ホルモンのエストロゲンがさらに減少し、1つの毛穴から生える髪の毛の本数も減ってしまい、全体的に薄く感じてしまったりして見た目年齢に影響してきてしまいます。

髪年齢を良く見せるにはどうしたらいいのか??

やはり髪の毛が綺麗に見えるのは女性の憧れですよね。
でもどうやって髪の毛を綺麗にしていけばいいのか?

美容室に定期的に行くことを前提として家でできるケアについてお伝えしていきます。

家庭でできることとしてはシャンプーとトリートメントを見直しましょう。
若い頃と同じようなシャンプートリートメントを使っていてはいけません。

髪の毛の年齢に合わせたものを選んでいくようにしましょう。

シャンプーの選び方としては頭皮の状態に合わせたものを選ぶことがベター。
頭皮からフケが出たり痒みがあるのであれば乾燥タイプ。
頭皮がべたつきやすい人はオイリータイプです。

シャンプーも化粧品と同じく自分の年齢に合わせたものを選ぶことで髪年齢を良く見せることにつながっていきます。

トリートメントは髪の毛の内部に栄養分を入れるためのもの。
髪の毛は減点方式とよくいいます。

生まれたての髪の毛が100点だとしたらそれから先は生まれたての髪の毛以上に健康になることはありません。

ですが何もしないと髪の毛はどんどん傷んでいってしまいます。
美容室でトリートメントをするとものすごくサラサラになった経験はありませんか?

しかしこのトリートメントの効果を長持ちさせたいのであれば家でのヘアケアは欠かすことができません。

インバストリートメントで髪の毛の内部に栄養分を入れてハリコシの手伝いをし、アウトバストリートメントで紫外線やドライヤーなどの熱から守り髪の毛の表面を整えて艶を出す手伝いをしパサつきを抑えましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です