縮毛矯正と髪質改善の違いは??

最近流行りの髪質改善というのをご存知ですか?
SNSではツヤツヤな髪の毛でまっすぐになっていてとても綺麗に見えるアレです。
酸熱トリートメントのことですね。

まっすぐサラサラストレートに見えるのですが縮毛矯正と髪質改善の違いってなにかわかりますか?

今回はそんな髪質改善と縮毛矯正の違いを説明していきたいと思います。

縮毛矯正と髪質改善は根本的に違う

最初に簡単に説明すると縮毛矯正は薬剤の力を使って癖を伸ばし髪をまっすぐにしていきます。
髪質改善は髪の毛を健康にして保つトリートメントの一種です。

縮毛矯正はかけたことがある方だとわかると思いますが、薬剤の力と熱の力を使い髪の毛の内部を分解して癖を伸ばしまっすぐにしてくれます。

特徴としては一度かけてしまうとほとんど取れることはなく強い癖があってもまっすぐに伸ばすことができるくらい強力なストレートです。

髪質改善は縮毛矯正とは違い髪の毛を全く痛めることはありません。
ただし癖を伸ばす力はほとんどありません。
髪の毛の水分量を保つことで少しの癖であれば癖がなくなったように感じる場合もあります。
通常のトリートメントよりも時間がかかります(大体1時間半〜2時間くらい)。
こちらもトリートメント効果の持続良くするために熱の力を利用します。

繰り返せば繰り返すほど髪の毛が綺麗になっていきダメージがあればあるほど効果を実感しやすいです。もともと髪の毛がしっかりしていたのに細くなってきたなどのエイジング毛なんかにも効果が簡易jられるとの声もいただきました。

縮毛矯正と髪質改善の違いは??まとめ

縮毛矯正と髪質改善は同じようにまっすぐにサラサラな画像が多いのでどこが違うか一見わかりにくいですが、実際は全然違うことがわかっていただけたと思います。

美髪を目指す人にはぜひやっていただきたい施術になっています。
筋トレと同じですればするほど髪の毛が改善されていきます。
『縮毛矯正をやめたいな〜』『そんなに癖は強くないけど髪の毛にまとまりが欲しい』そんな方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です