シャンプーとかでよく聞くボタニカルってなに?オーガニックとの違いは?

ボタニカルやオーガニックという言葉を聞いたことはありませんか?
私は美容師をしているのでよくシャンプーやカラーなどの薬剤でよく耳にします。

このボタニカルやオーガニックという言葉、なんとなく植物系のなんかという認識はあるかもしれませんが違いは意外と知られていないです。

ボタニカル系のシャンプーやオーガニック系のシャンプーって聞くとなんとなくいい感じがするのでついつい買ってしまいますよね。

今回はこのボタニカルやオーガニックでは何が違うのか?ということを説明していきたいと思います。

ボタニカルとは何?

ボタニカルを日本語に訳すると『植物の〜』とか『自然の』という意味です。
ということでボタニカルという言葉がついているとシャンプーやトリートメントの場合は植物性由来のシャンプーやトリートメントということになります。

このボタニカルという言葉は美容だけでなく、ボタニカルライフ(植物が周りにある生活)、ボタニカル柄(植物の柄)という感じでも使われていたり幅広く使われる言葉になります。

オーガニックとは何?

オーガニックという言葉もよく聞きますよね。
オーガニックを日本語に訳すると『有機の〜』という意味です。
ということで『無農薬』『化学肥料不使用』『有機栽培』で作られたものを意味するようになるんです。

オーガニックという言葉を使うには国が定めた基準をクリアしないと名乗れません。

その基準というのが、

  • 化学肥料や農薬を使わない
  • 遺伝子組み換えの技術を使わない
  • 2年以上有機肥料で土作りをした土地で栽培する

他にもいろんな細かい規定はありますが、大体がこの3つを守ったのがオーガニックを名乗ることができます。

余談ですが、オーガニックの基準も国によって異なります。
日本は割と厳しいですが、それよりももっと厳しい基準があるところで例えばドイツです。ドイツはBDIHという団体が基準を定めています。ドイツのオーガニック製品はより質がいいとされ化粧品や医薬品は高評価されています。

ボタニカルとオーガニックの違いは??

どちらも植物に関係していますがオーガニックの方が名乗るには厳しい審査があることがわかると思います。

ボタニカルに関しては基準や審査はありませんので様々な分野で使われています。

簡単に違いを説明すると、

  • オーガニックは一定の基準をクリアしたものに使われている。
  • オーガニックは安心安全が保証されたもの。
  • ボタニカルは植物に関するものに使われている。
  • ボタニカルは基準がないので1%含まれているだけでも名乗れる。

といった感じです。

シャンプーとかでよく聞くボタニカルってなに?オーガニックとの違いは?まとめ

どちらもまとめると自然派ということなんです。その中でオーガニックがより厳しい基準があるんですね。

私は美容師なのでボタニカルやらオーガニックというのでシャンプーが身近にあります。

オーガニックよりボタニカルの方が泡立ちがいいとか洗浄力あるとか、質感が変わるとか色々言われていますが、これはオーガニックとかボタニカルとか関係なく洗浄成分の界面活性剤が関係していますので間違えないように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です