ワックスをつけると髪の毛がハゲるという噂は本当??

こんな話を聞いたことはないでしょうか?

『ワックスを毎日つけるとハゲやすくなってしまう!!』

なんとも恐ろしい噂なんでしょう!!これは果たして本当のことなのでしょうか?

今回はワックスをつけたらハゲてしまうのか?ということについて記事にしていきたいと思います。

ワックスをつけたらハゲるのは本当か?

結論から言いますとワックスをつけたらハゲるという噂は『嘘』です!!

なーんだ嘘かー!なら安心した!!

基本的にはハゲを誘発するような成分をワックスに使われていることはありません。

でもワックスをつけることでハゲることはないのですが、ワックスをつけっぱなしにしておくと良くないこともあります。

ワックスをつけっぱなしにしたり、頭皮につけたりしてしまうと衛生面で良くないですし、ワックスが頭皮に残ってる状態だとなんらかの皮膚疾患を引き起こしてしまう可能性はあります。

基本的に男性のハゲはAGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因のことがほとんどです。

ワックスをつけたからといってこのAGAが進行するということは根本的に原因が違うのでありません。

つまりワックスをつけていようがつけていまいがハゲる人はハゲてしまうのです。

美容師の視点からワックスをつけることでハゲてしまうように感じるのは、ワックスの粘着性によって髪の毛が絡まりやすくなって抜けてしまいやすくなり抜け毛が多くなったように感じます。

ということでワックスの成分というよりは手に絡まってしまうことで抜け毛が多くなったという方が正しいかもしれません。

健康な人でも1日に約100本程度は抜けるとされています。
この本数を数えるのはできないと思いますし、気づかない時に抜けていることも多くあります。

ブラッシングをした時、シャンプーのとき、髪の毛を結んでいるのを解いた時、などびっくりするくらい抜けているのであればもしかしたら抜け毛が進行しているかもしれませんので注意が必要です。

ワックスをつけた後に注意することとは??

ワックスをつけることでハゲるかもと言われている原因は、

  • ワックスによる頭皮のつまり
  • ワックスの合成界面活性剤の成分

この2点です。ただ成分の合成界面活性剤では基本的にはハゲることはないのでこちらはあまりきにする必要はないです。

もう一つの頭皮のつまりは可能性としてゼロではないので長時間つけすぎないようにした方が無難です。

ワックスの量も大量につけるのであればそれなりに洗浄力が強いシャンプーを使ったり量を減らしたりしましょう。

あとは飲み会とかで遅くなって次の日の朝までワックスがつけっぱなしという状況は頭皮に対してあまり良くないのでできるなら夜にしっかりとワックスを取るようにした方がいいです。

しっかりとワックスを落とした状態で眠りにつくことがワックスで間接的にハゲるという原因を解消できると思います。

またセット力が強すぎるのをつけていると髪の毛が細い人は切れ毛になりやすくなってしまう場合があるので注意です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です