毛先に出てくる白い粉の正体は!?ほったらかしにしておくとやばい!?

ふと毛先の方を見てみると白い粉のようなものが付いていたという経験はありませんか??

これは一体なんなのでしょうか?

今回はそんな毛先に突如現れた謎の白い粉に付いて説明していきたいと思います。

毛先の白い粉は一体なんなのか?

髪の毛は本来キューティクルという膜で覆われていて、その内側にはコルテックスというタンパク質が主成分の部分があります。

ズバリ!!この白い粉の正体はこのコルテックスがむき出しになっているということなんです!

へ?なんのこっちゃ?と思うかもしれないのでちと説明します。

普段髪の毛はキューティクルで覆われているのでこのコルテックスという部分は見えません。

ですが、日頃カラーやパーマ、アイロンやコテ、自然乾燥、など様々なダメージでキューティクルが削られていきます。

そうやってダメージがすごくなってくるとコルテックスがむき出しになってきてしまうということなんですね。

つまり毛先の白い粉の正体はダメージが原因でキューティクルが剥がれることでできてしまったコルテックスという本来見えることがない部分が見えてしまっているということになります。

まぁ難しく話しましたが、これはように枝毛や切れ毛です。

毛先の白い粉をなくすためには??

毛先の白い粉が一旦できてしまうと、これはもう元に戻すことはできません。

髪の毛は減点方式で一度痛んでしまった部分は一生元に戻ることはないからです。

トリートメントしようが一時的に補っているだけなので修繕されて行くことはないんですね、、、

てことでこの部分をなくすためには、その部分をカットでなくすしかないのです!!

ガーーーーん!!

長さをバッサリ切りたくない人は美容室でトリミングカットとかで枝毛カットをしてもらうことで少し毛先の白い粉を減らすことができますのでやってもらってください。

一度できてしまった毛先の白い粉は元に戻すことができないということがわかったと思います。

では何が大事かというと、毛先の白い粉を作らないように予防することです。

先ほどの原因から考える通りどのダメージが原因でこのように毛先の白い粉ができてしまったかを把握しておかなければまた繰り返しできてしまいます。

カラーやパーマ、はたまたスタイリング剤を落としきれていない、スタイリング剤が超強力すぎ、引っ張って絡まって切れる、自然乾燥をしての摩擦、などなど原因は色々考えられます。

原因が明らかであればいいですがそうでない場合は一つずつよくなるように改善する努力をしていくようにしましょう!!

毛先の白い粉はダメージ以外でも考えられる??

毛先の白い粉はダメージ以外でもでてくることがあります。
その場合はスタイリング剤の残り(特にスプレーやジェルなどのガチガチに固まるやつ)やフケやシャンプーの流し残しのパターンが考えられます。

スタイリング剤やシャンプーの流し残しの場合はしっかりと洗ったりすすぎをしてあげることでこの白い粉をなくす子ができます。

ただしフケの場合は逆に洗いすぎで乾燥させてしまって出ている場合があるのでアウトバストリートメントのオイルやミスト、クリームを使ったり、頭皮用ローションで頭皮の保湿をして乾燥を防いであげると良いと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です