シリコンは髪の毛に本当に悪いのか??シリコンがもたらす影響とは?

シリコンと聞いたら『髪の毛や肌に悪影響を及ぼす』『シリコンが毛根を詰まらせる』『ベタベタする』という悪いイメージを持っている方が多いと思います。

でも本当にシリコンは髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

悪影響があるのであれば何で今もシリコン入りのシャンプーがあるのか?

もしシリコンが悪影響だったら全部ノンシリコンにすればいいだけの話です。

今回はそんなシリコンとはどういう影響を与えるのか?ということとシリコンとノンシリコンの違いをお伝えしていきたいと思います。

シリコンが髪の毛に悪いという噂はデマだった。

シリコンが髪の毛や肌に悪いという噂が出はじめた時期はわかりませんが、その原因の一つとして健康志向が高まって『オーガニック』という言葉が流行りだした頃からだと認識しています。

オーガニックという響きはいいですよね。
あ、あと無添加とかいう言葉にも弱い方も多いんじゃないですかね。

オーガニックというのは細かくいうと長くなって脱線してしまうのでこちらの記事を見てみてください。

シャンプーとかでよく聞くボタニカルってなに?オーガニックとの違いは?

で、オーガニックはシャンプーだけではなく食料品や化粧品などいろんなところで人気があるワードです。

オーガニックは確かにすごくいいと思いますが、オーガニックを名乗るには定められた基準をクリアしないといけないのでそれだけ高価になってきます。

オーガニックじゃない=自然のものではない=粗悪なもの

こういうイメージを持つ人が多くなったのではないでしょうか?

そんな中美容分野でもオーガニック商品がたくさん出てきました。

シャンプーではベタつきの原因は何だ?ってなった時に、その原因はシリコンだ!!ということになっただと思います。

でもそもそもシリコンって何なんだ?ということを思ったことはないですか?

シリコンとはどういう効果があるのか?

シリコンは詳しく説明すると『意味わからん、、、アジャパー』ってなってしまうので今回は説明は省きます。

何となくのイメージでいうと、シリコンは蓋のようなものです。
シリコンの種類も4種類あり、シリコン油・水溶性シリコン・揮発性シリコン・カチオン化シリコン

これだけでもちんぷんかんぷんになってしまうと思いますが、要は髪の毛をコーティングしてくれるのです。

そして使用感としては指通りを滑らかにしてツヤを出す手伝いをしてくれます。

なんかシリコン悪くないのかも、、、と思ってはきませんか?

シリコンとノンシリコンの違いは?

これも何となくわかると思いますが、シリコンはシリコンが入っている、ノンシリコンはシリコンが入っていない

これが違いです。シリコンがどういう効果があるのかがわかれば当たり前ですね。

ではシリコンが悪いということになればノンシリコンがいいということになるのでしょうか?

それはどちらでもないというのが正しいのでは?と思うのです。

どちらにもメリットデメリットがあるので、それを説明していきます。

シリコン・ノンシリコンのメリットデメリット

シリコンのメリット

  • 髪の毛の指通りを良くしてくれる
  • 髪の毛にツヤを出してくれる
  • 髪の毛の広がりを落ち着かせてくれる

シリコンのデメリット

  • 髪の毛が重くなりやすい
  • 髪の毛がサラサラというよりはしっとりとした感じになりやすい
  • コーティングがトリートメントの乗りを悪くする場合も

ノンシリコンのメリット

  • 髪の毛がサラサラになる
  • 仕上がりが軽くボリュームが出やすくなる
  • 髪本来の状態になり余計なコーティングをしていない分トリートメントやカラーの乗りがいい

ノンシリコンのデメリット

  • 髪の毛が広がりやすくなる
  • 髪の毛がバサバサになる
  • シリコン以外のコーティング成分が入っている場合がある

ざっとこんな感じです。

シリコンは髪の毛に本当に悪いのか??シリコンがもたらす影響とは?まとめ

いかがだったでしょうか?
シリコンもあながち捨てたもんじゃなないですよね。

要は自分がどういう髪質なのか?どういう髪の毛の質に持っていきたいのか?ということを考えてからシリコンかノンシリコンかを選んで行くのがいいと思います。

参考になってくれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です