グローバルミルボンとはなんぞや??

みなさまこんにちは、ついに来ましたね!聖なる夜!!ゴーーーーン(鐘の音)
平尾の美容室【chill hair design 】の古賀裕三です♪

先日はキャンペーンの内容のお伝えでしたが、プレゼント内容の『グローバルミルボンとはなんぞや?』っていうかたも多いかと思いましたので簡単に説明させていただきます。

みなさまは『ミルボン』というメーカーを聞いたことはあるでしょうか?
美容師をしているのであれば当たり前に知っているくらい有名な美容商材メーカーなんです。

ミルボンが現行で出しているラインナップとしては、

  • オージュア
  • ヴィラロドラ
  • プラーミア
  • ジェミールフラン
  • エルジューダ
  • グローバルミルボン

の6つです。

そのミルボンが出した最新のラインナップが『グローバルミルボン』なんです。

色々なシャンプーがありますが、髪質に合わせて選べるという点も個人的に気に入っています。
あとはお客様の立場になった時に、家での使用感も泡立ちの良さと、きめ細やかさも十分満足していただける商品だと思います。
やはり髪の毛に優しいシャンプーは結構あるんですが使い心地が悪いと洗ってる気がしないですからね〜

グローバルミルボンの特徴

 

棒状空洞化というダメージの原因があります。これは世界中の女性に共通してあるものだそうです。
よく髪の毛の断面図とかはなんとなく見たことがある人も多いかと思いますが、その断面図にあるダメージ部分の穴の奥に繋がっていて棒状になっているような感じです。
ミルボンがメチャクチャ大きい顕微鏡?(ドームくらい大きいらしい、、、盛ってる??)みたいなので髪の毛の3D撮影に成功したとメーカーの人が言っていました。

そのような状態になってしまうと髪の毛の密度が少なくなってしまい、スカスカでハリやツヤが失われていってしまうのです。イメージとしては骨阻喪症のような状態です。転んだら骨折とかしてしまう怖い病気みたいな感じです。それが髪の毛の内部でも同じような状態になっているんです!!

そのような状態を補修する成分としてグローバルミルボンが採用しているのが、
毛髪内密度を高めるのがシルクPPTの一種である『SSVRシルク』という成分なんです!!

これはグローバルミルボンだけが採用している技術で、世界中の女性の髪を綺麗にしていこう!!という意味が込められてグローバルという名前がつけられたんでしょう。

グローバルミルボンの種類

グローバルミルボンには髪質に合わせたラインナップが取り扱われています。
今後もっと増えていくとのことなので楽しみですね♪

現行のラインナップは

  • スムース(髪の太さに合わせる)
  • モイスチャー(水分補充)
  • リペア(ダメージ修復)
  • アンチフリッツ(癖毛用)
  • ボリューム(立ち上がり)
  • スカルプ(頭皮用)
  • エクステンデッド(炭酸)

という感じです。

スムースの細毛用FINE・普通毛MEDIUM・硬毛COARSEの三種類を追加すると9種類です。
よく「シャンプーって何がいいんですか?」との声をいただきますが、一番は自分の髪にあったものがいいです。自分の髪の毛がどのタイプに属するのか?をしっかりと把握した上でのシャンプーがベストだと僕は感じます。

それは普段の私生活にも関係してきます。スタイリング剤をつけるのか、つけないのか、アイロンしたり巻いたり、カラー・パーマをしているか、などでも状態は様々です。

各ラインナップの詳しい説明をしてしまうとものすごく長くなるのとウンチクっぽくなってしまうので、別の機会に上げていこうと思います^^

以上ざっくりではありますがグローバルミルボンについての説明でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です