簡単にボリュームアップ♪ 6つの原因と改善

みなさまこんにちは、平尾の美容室【chill hair design】の古賀裕三です。

今回は頭頂部がぺったんこになってしまうっていう方に簡単に解決できてしまう方法をお伝えします!

ボリュームが出ない原因

まずはなぜボリュームが出ない、ぺたんこ髪になってしまうの?を知っていきましょう
ぺたんこになってしまうにはいくつかの原因があります。

  • 髪が長い
  • 髪が細く猫っ毛
  • 毛量・生え方
  • ドライヤーの当て方
  • シャンプー剤・トリートメント剤があっていない
  • スタイリング方法・スタイリング剤があっていない

ざっくりこんな感じでしょうか。では一つずつみていきましょう〜

髪の毛が長い

一つ目は髪の毛の長さです。
最近では男性でも髪の毛が長い人もいますが、髪の毛が長いとなぜボリュームが出にくいのか?
それは髪の毛が長くなることによって一本一本に重さが増してしまうからです。
髪の毛が短いと立ち上がりが良くなるは重力が関係しているんですね。

髪が細く猫っ毛

髪が細く猫っ毛の方は軟毛と呼ばれます。
ご自身が軟毛であればぺたんこ髪でボリュームが出ないと実感しているのではないでしょうか?
また全ての軟毛に当てはまるわけではないのですが、パーマも当たりにくいという特徴もあります。
よく勘違いされてる方がいるんですがくせ毛だからといって軟毛だとは限りません。
くせ毛は髪の毛の生え方の問題になるので髪の毛が硬毛でも軟毛でもどちらでもなり得ます。

毛量・生え方

当たり前ですが毛量が少ないとボリューが出て見えないです。
分け目もしっかりつけてしまっていると毛根に負担をかけてしまいボリュームが出なくなります。
またサイドにボリュームが出やすくなってしまいます。
全体的に見たときのバランスが悪くなってしまいます。

ドライヤーの当て方

ドライヤーを適当に当ててはいませんか?適当に乾かしてしまうと髪の毛があちらこちらに向いてしまいバランスが悪くなってしまいます。乾かさないのは論外です。
髪の毛の性質上、濡れている時から乾いていく段階でクセがついていきますので、濡れたまま寝てしまうとダメージの原因だけではなく寝癖がつきやすくなるのはこのためです。
しっかりとしたドライヤーの当て方をすることで全体的なスタイリングのベースを作ることができます。

シャンプー剤・トリートメント剤があっていない

シャンプー剤とトリートメント剤の選び方も大事です。
髪の毛にボリュームが欲しいのにまとまるタイプのシャンプー剤やトリートメント剤を選んでもボリュームは出ません。特にシャンプー剤は髪質を作っていく段階で重要になってきます。即効性はないものの長期的な目線で考えたらシャンプー選びはものすごく大事です。
自分の髪質に合ったもの、目的に合ったものを選びましょう。

スタイリング方法・スタイリング剤があっていない

ドライヤーの当て方と重複してしまうのですがスタイリング方法も大事です。
これはボリュームを出しやすい髪型ももちろんありますが、ロングの方でも毛流れの見方や巻き方で改善できます。
スタイリング剤も大事です。ワックスをつけすげたりすることで、動きを出したいはずなのに逆にスタイリング剤の重さでぺたんこになってしまったり、、、
スタイリング剤選びも大事ですね!!

ボリュームを出すための改善方法

それでは以上の原因の改善方法を一つずつ見ていきましょう

髪の毛が長い

髪の毛がロングの方はレイヤーを入れることで少しボリュームを出しやすくなります。
レイヤーを入れることで髪の毛に軽さが出ます。
ショートやボブくらいの長さではよりボリュームを出しやすくなります。
ボリュームが出にくいな、、、ボリュームを出したい、と感じた方はスタイルチェンジも視野に入れるといいと思います。

髪の毛が猫っ毛

猫っ毛の軟毛の方は急に硬毛に変わることはありません。
ただライフスタイルの乱れから髪の毛に栄養が行き渡りにくくなりますので規則正しい生活を心がけて髪の毛がより細くならないようにしましょう。軟毛の方は髪の毛が細い傾向にありますので傷みやすく繊細です。ストレスを極力なくすように上手に解消できる方法も見つけないとですね!
自分が軟毛かどうかのセルフでの見分け方は、髪の毛を指にクルクルと巻きつけ外した時にまっすぐの場合は硬毛、形が残る場合は軟毛です。

毛量・生え方

毛量もすぐには増えたりはしないです。手っ取り早く改善したい場合は専門医に相談するのがいいと思います。それをいってしまったら元も子もないのですが、、、笑
また生え方は分け目を同じ場所に固定しないことも大事です。
分け目は後天的なくせになりますので治すことは可能ですがこれも地道な努力が必要です。
分け目に逆らうようにすれば髪の毛の流れを生かして簡単にボリュームが出てるように見えますよ〜

ドライヤーの当て方

ドライヤーの当て流タイミングとしては髪の毛が濡れている時です。
お風呂上がりであればすぐに乾かした方がより方向性をつけやすいです。
朝であればミストや髪の毛を濡らして癖をなくした上でドライヤーを当てましょう。
髪の毛には基本的に流れがあります。トップにボリュームが欲しい場合は髪の毛を立ち上がらせるように、毛流れに逆らうようにドライヤーを当てると良いです。
またバランスの面でサイドと襟足部分は抑えるように後ろから前にドライヤーを当てるとトップのボリュームが強調されてよりボリュームが出てるように見えます。

シャンプー剤・トリートメント剤があっていない

これはボリュームを出すためのシャンプー剤・トリートメント剤を選ぶのが大事です。
頭皮の状態が良くないのであればスカルプ系のシャンプー、シリコン配合のではなくノンシリコンのシャンプー、といった感じです。
また最近ではボリュームを出すのに特化した商品も出ているのでそちらを使うのもオススメです。
ただしこれも即効性があるわけではありませんので、ボリュームを出すシャンプーを使い始めたら半年は使ってみることをお勧めします。

スタイリング方法・スタイリング剤があっていない

これも当たり前ですがあっているものを使います。
スタイリングの方法としてはロングの方はトップの方からコテでしっかりと巻くとボリュームが出てきます。ドライヤーでしっかりと立ち上げをつけたりとベースをしっかり作るのも大事です。
スタイリング剤は長さによっても変わるのですが、基本は適量が一番です。
毛量・長さ・毛質によって変わってきますが、プッシュ式であればロングで3プッシュ、ミディアムで1,5~2プッシュ、ショートで1プッシュといった感じです。
最初は少量からつけて足りなければ足していく、つける際は部分的に固まりすぎないように手のひらでしっかりスタイリング剤を伸ばして全体に満遍なくつけましょう。

簡単にボリュームを出すには?

僕が思う一番簡単なボリュームを出す方法はスプレーです。ドライヤーで立ち上げを作った後にボリューを欲しいところにスプレーをオンッ!!これで強引に立ち上げを作れちゃいます笑

ただスプレーを使ってガチガチになるようなのはちょっと、、みたいな人にはグローバルミルボンのクリエイティブスタイルの4番volumeがオススメです♪
これがまたお手軽にボリュームを出せちゃうんです!使い方はスプレータイプになっているノズルをボリューが欲しいところに2~3プッシュしてあとはボリューが出るように握り込んで乾かすだけ!!
スプレーと比べるとキープ力は減りますがベタベタ・ガチガチといった感じもなくボリュームが出せます。

もちろん上記で述べたボリューム改善はした方が良いですよ〜

まとめ

なんかやることいっぱい、、と思った方もいるかもしれませんがそんなに面倒なことはないと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください!
個人的にはやっぱり簡単にボリュームを出すにはスタイリング剤が一番手っ取り早いと思います!
ボリュームが出たっていう実感も湧きますし^^

では今回はこの辺で〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です