ノンシリコンは本当にいいのか?

みなさまこんにちは、平尾の美容室chill hair designです。
ノンシリコンが何となくいいのはわかっているけどどういうのかあんまりわかっていないという人も多いのではないでしょうか?

今回はノンシリコンのメリットデメリットをお伝えします。

ノンシリコンのメリットデメリット

ノンシリコンシャンプーとは名前の通りシリコンが入っていないシャンプーになります。
ジメチコン、シクロメチコン、シロキなどのシリコン成分が配合されているとキューティクルをシリコンでコーティングし指通りを滑らかにしてくれます。

ではシリコンが入っていると滑らかにするのになぜ入っていない方がいいとされているのか?
そこがメリットデメリットで別れてくるんです。

ノンシリコンのメリット

髪の毛がシリコンで保護されていないので、カラーやパーマの薬剤の浸透が良くなります。
ですのでしっかりと変えることが可能になります。
トリートメントも補修成分が髪の毛に浸透しやすくなるので効果がより出やすくなります。

またシリコン配合のシャンプーだと重さが出てしまい染まりにくい、かかりにくい、だけではなくパーマがだれてしまったりする可能性があります。

シリコンは髪の毛をコーティングしてしまうので重さが出てしまいますが、ノンシリコンの場合だと髪本来の質になりますので軽さが出てきます。

市販のシャンプーの場合だとどんどんシリコンは蓄積していってしまい、最悪髪の毛がベタついてしまったり、頭皮にもシリコンが残って抜け毛の原因にもなったりします。(厳密には違いますが、、)

一方美容室のシリコンシャンプーの場合は洗い流すたびに落ちるようになっているのでシリコンが蓄積することが減少できます。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンコートという髪のキューティクルを保護する膜がなくなるので髪の毛がキシキシになってしまって手触りが悪くなったように感じます。
また摩擦のダメージも受けやすくなりますのでもともとあるキューティクルがはがれて細くなったり切れてしまう場合もあります。

熱に対しても弱くなるためアイロンやドライヤーの時にはトリートメントやアウトバストリートメントをつけてダメージ対策をしないといけません。

ノンシリコンの方がいいのか?

シリコンが入っていないとされていますが、シリコンと似たような働きの成分が入っていることもあります。シリコンの代わりに、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアラミドエチルアミンなどが入っていれば、それはシリコンの代わりのカチオン剤という成分です。

なのでこれらが入っていればあんまり違いはないということですね。

最後に

一概にノンシリコンだからといって盲目的に選ぶのは良くないと思います。
結構ノンシリコン=オーガニック、と勘違いしている人もいますがそうではないです。
ノンシリコンはシリコンが入っていないだけなんです。
自分の髪の毛に何があっているのかをきちんと選び、ケア重視にするのかスタイル重視にするのかとかで選びましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です