ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違い

みなさまこんにちは、福岡の平尾にある美容室chill hair design の古賀裕三です。
ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いってご存知ですか?
ノンシリコンシャンプーの方がなんとなくいいような感じで認識している人が多いような気がします。

まずはノンシリコンーとはどのようなシャンプーなのかみてみましょう!!

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーがどういったものを指すのか?
それは簡単で名前の通りシリコンが入っていないシャンプーです。

シリコンが入っていないということは、髪の毛に余分なものがつかないということになります。
シリコンがあるとベタつきがあったり、シリコンが髪の毛の表面につくシリコンコートがあるのでカラーの染まりやパーマのかかりが悪くなってしまいます。

またシリコンコートがあるのでトリートメントのノリも悪くなりより効果が半減してしまいます。

勘違いしてはいけないのがシリコンが入っているといけないのかというとそういうわけではありません。
むしろ人によってはそっちの方が髪の毛に合う場合もあります。

それではノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのメリットデメリットにいきます。

ノンシリコンシャンプーのメリットデメリット

先ほどお伝えしたのがシリコンシャンプーのデメリットになります。

シリコンシャンプーのデメリット

  • カラーやパーマのかかりが悪くなる
  • トリートメントのノリが悪くなる
  • ベタつきやすくなる
  • シリコンが頭皮に残る

シリコンシャンプーのメリット

  • 洗い上がりが滑らかになる
  • 頭皮を保護してくれる
  • 髪の表面をコーティングしてくれる

これをみてみるとシリコンシャンプーが別に悪いという感じはしませんね。
なんでシリコンシャンプーが悪いイメージがあるのかというと上記のデメリットがありシリコンには害があるとされてきたからなんです。
でも最近ではシリコンに害がないという見解となっています。

シリコンが頭皮に残って毛穴を詰まらせるというのもシャンプーによりますが、洗い流すことで落ちます。
シリコンといえば人工物の油を使ったものが多かったのでイメージは悪かったのですが、
最近では植物性成分のシリコンを使ったものも多く販売されています。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

  • 乾燥して髪がキシキシになる
  • 保護膜がなくなる
  • 傷んだ髪に逆効果の場合もある

ノンシリコンシャンプーのメリット

  • パーマやカラーの薬剤反応がいい
  • トリートメントの効きがいい
  • ボリュームが出やすい

ただ最近ではノンシリコンでもシリコンの働きをする成分が入っていたりします。
それだったら訳がわからない感じになるので、ノンシリコンシャンプーを選ぶ際は気をつけましょう!

最後に

ノンシリコンとシリコンシャンプーはそれぞれメリットデメリットがありました。
ノンシリコンの方が髪の毛にはいいのですが、そこにこだわる必要はなく自分の頭皮環境や髪質に合ったシャンプー剤を選ぶようにしましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です