枝毛や切れ毛がある人はチェック!!原因と対策はどのようにしたらいいのか??

髪の毛が長くなればなるほど出やすくなってくる枝毛や切れ毛。
見つけてしまうとずっと探したりして、ついつい気になってしまいまた触ってしまったり二つに別れた枝毛を咲いてしまったりちぎってしまったりしていませんか??

ダメだとわかってはいるものの気になるからついついしてしまいがちですよね〜

今回はそんな枝毛や切れ毛がなぜ出てくるのか?自分はどのレベルの痛み具合なのかをチェックしてみてください!!

枝毛や切れ毛ができる原因は??

そもそも枝毛と切れ毛を一緒に思っている方もいるかと思いますが微妙に違います。

  • 枝毛=髪の毛が縦に裂けている状態
  • 切れ毛=髪の毛が横に切れている状態

ではどのような原因で枝毛や切れ毛ができるのでしょうか??
それは、

  • カラーやパーマなどのダメージ
  • 濡れたまま寝ることによる摩擦のダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • コテやアイロンなどの熱によるダメージ

枝毛がある人はこれらの原因に身に覚えがあるのではないでしょうか??

 

髪の毛のダメージを5段階に分けてみました。

毛髪ダメージ レベル1 バージン毛

カラーやパーマを何もしていない、コテやストレートアイロンなどで熱を与えていないまっさらな髪の毛のこと。

指を通すとスッと通り、水分や油分がしっかりと髪の毛にある状態の髪の毛。

毛髪ダメージ レベル2 ローダメージ毛

見た目では分かりにくいですが、髪の毛にざらつきを感じる髪の毛。
アイロンやコテを使ったりドライヤーのダメージにもよります。

またカラーやパーマを数回して少しだけダメージを受けた髪の毛。

毛髪ダメージ レベル3 ミドルダメージ毛

髪の毛にざらつきや絡まりが出ている状態。
髪の毛の水分量が不足し乾燥してしまい見た目にもダメージがあるのがわかる状態。

枝毛や切れ毛はこのダメージくらいから出てくる場合があります。

毛髪ダメージ レベル4 ハイダメージ毛

髪の毛がバサバサの状態。濡れたりすると髪の毛がすぐに水分を吸収してしまう状態。
カラーやパーマの繰り返ししている髪の毛がこの状態になりやすい。

ブリーチをするとこハイダメージ毛になります。

毛髪ダメージ レベル5 スーパーダメージ毛

指を通しただけでも髪の毛が切れたり、ドライヤーの時に切れ毛がふわふわと舞う状態。
水に濡らすと髪の毛がビヨンビヨンにゴムのように伸びて切れます。
ブリーチを繰り返したり、縮毛矯正を何度も同じ場所に当てたりするとこの状態になります。

枝毛・切れ毛の改善・対策方法は?

枝毛は見つけてしまうとついつい癖になって裂いたり切ったりしてしまいがちです。
ちゃんとした知識がない上でそんなことをしてしまうとどんどん髪の毛は傷んでいってしまいます。

枝毛や切れ毛が出ないように自宅でもきちんと対策をしていきましょう!!

シャンプー・トリートメントを見直す

基本的にシャンプーやトリートメントは自分の髪質にあったものを使うようにした方がいいです。髪の毛も年齢を重ねるとどんどん細くなっていったりするのでその時その時で帰るのがベストだと考えます。

昔は自分に合っていたのに急に軋みだしたりということはそれは自分の髪の毛にあったシャンプーやトリートメントではなくなったということです。

洗浄力が強いものを使っていたりすると切れ毛や枝毛の原因にもなってしまいます。

カラーやパーマのダメージによるもの

カラーやパーマの薬剤を使うものは昔と比べるとはるかに質も良くなってきてはいるのですが、それでもダメージはあります。

美容室ではトリートメントをしたりして栄養補給をしてあげたりすることで枝毛や切れ毛の予防や対策になります。

もしダメージが気になるという人はカラーやパーマの周期を少し長めにしてみたり根元だけするようにしたりの対策も効果的だと思います。

キューティクルをしっかりと閉じさせる

髪の毛の表面を覆っているキューティクルがダメージを受けてしまうと髪の毛が細くなったしまい枝毛や切れ毛になりやすくなります。(もちろん髪の毛内部の栄養分も大事です。)

特に髪の毛が濡れている状態というのはキューティクルが開きっぱなしの状態になっているので、アウトバストリートメントを使いドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

枝毛や切れ毛を対策するには美容室・ホームケアの両方が大事!!

一回切れ毛になってしまった髪の毛は再び戻ることはありません。
切れ毛になっている部分から5センチは水分が足りない状態になっているので美容室でカットする際は相談してみましょう。

では枝毛になりにくい髪の毛にするにはどうしたら用意のか??
美容室でするトリートメントがいいのか?自宅でしっかりとトリートメントしたらいいのか??

結論から言うと両方しっかりした方がいいです。

美容室するトリートメントはシステムトリートメントといわれるもので、ざっくりと工程を説明すると、

  1. 下地を作る
  2. 栄養分補充
  3. 外部補修

こんな流れになります。

これを4ステップだったり5ステップだったりで髪の毛の集中補修をするのが美容室のトリートメントです。

ホームケアといえばシャンプーとトリートメントももちろん大事ですが、他にも睡眠時間・食事、ドライヤーの当て方、運動などなど色々できることはあります。

サロンでするシステムトリートメントの持ちを良くするために家でもしっかりとしたケアをした方がいいと言うことです。

美容室でせっかく綺麗になった髪の毛を家でケアしてあげないと持ちが悪くなります。
どうせだったら髪の毛が綺麗な状態が長続きした方がいいですよね。

枝毛や切れ毛がある人はチェック!!原因と対策はどのようにしたらいいのか??まとめ

いかがだったでしょうか?
枝毛や切れ毛を見つけたらダメージのサインなのでしっかりとしたケアが大事になってきます。

もちろん枝毛や切れ毛が出ないに越したことはないので、普段のヘアケアをしっかりとする意識を持っておきましょう。

ダメージのレベルも自分でわからない方は美容師に診てもらって教えてもらうこともいいかと思います。

そうすることで自分には何が必要なのかがわかってくると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です