シャンプーの美容室と市販との違いは??

大体の人が毎日使うシャンプー。

どうせ使うものだったらいいものを使ったに越したことはありませんが、種類が多すぎるしどれを選んでいいのかわからない、、、

選び基準を『匂い、ブランド、価格』などなど
でもそのシャンプーが知らず知らず自分の髪の毛の悩みの原因になっているかもしれませんよ??

そもそも美容室で売ってるシャンプーと市販のシャンプーの違いはなんなのか?という疑問を抱いている人も多いようです。

今回は、美容室のシャンプーと市販のシャンプーとの違いをまとめてみました。

美容室のシャンプーと市販のシャンプーの違い

美容室のシャンプーの特徴

  • 髪の毛に優しい成分を使っている
  • 次のパーマやカラーの邪魔をしない
  • カラーやパーマの持ちを良くする
  • ダメージを少なくする
  • 低刺激

美容室のシャンプーの特徴は髪の毛のことを考えられて作られているという点です。
髪の毛の汚れを取る界面活性剤が低刺激の成分のもので作られていることがほとんどです。

ということはカラーやパーマをした髪の毛に負担をかけにくくし、次にカラーやパーマをするときにシャンプーの成分が邪魔をせずに綺麗にすることができます。

また洗い心地も適度に泡立ちがあり、皮脂を落としすぎないように設計されているものが多いです。

市販のシャンプーの特徴

  • 泡立ちが良い
  • パッケージが可愛い
  • 価格が安い
  • 指通りがいい

市販のシャンプーはCMなどの宣伝広告で認知度が高いです。
泡立ちもよくスッキリと洗えた感じがしますし、一回の使用で指通りが良くなるものもあります。

美容室のシャンプーと市販のシャンプーはどっちがいいのか??

結果から言うと美容室のシャンプーの方が絶対にいいと思います。

自分の髪の毛を見て判断したものを進めてくれるからです。
(そうであってほしい、、、)

確かに市販のシャンプーは洗い心地もよく実感が湧きやすいのが特徴なのですが、長期間使用することで髪の毛や頭皮に負担をかけてしまったり、髪の毛がぺちゃんこになったりしてデザインを維持しにくくなってしまいます。ずっと使用しているとシャンプーの成分によってカラーやパーマがかかりにくくなってしまい自分がしたいスタイルになりにくくもなってしまいます。またすすぎが甘かったりすると地肌や髪の毛に成分が残りトラブルの元にもなってしまいます。

対して美容室のシャンプーはというと、『一回の使用ではわかりにくい、価格が高い、ツルツル感が少ない』ということはありますが、使い続けることによって髪の毛をいい方向に導いてくれます。

また出来るだけ負担をかけないように設計されているので次回のカラーやパーマのかかりにも影響がでにくくヘアデザインを楽しんでもらるようになっています。

 

シャンプーの美容室と市販との違いは??まとめ

美容室で売っているシャンプーは普段家で髪の毛のケアをしてほしいということで販売しています。
施術の内容や髪の毛の状態に合わせてプロが選ぶシャンプーを使うのをオススメします。

次に来てくれるときに髪の毛の状態が良くなっていてほしいですもんね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です