シャンプー選びの時のポイントは??

美容室やドラッグストア、ネットといろんなところで買えるシャンプーですが、どのようにして選んだらいいか迷ってしまいますよね〜

今回は3つにポイントを絞ってシャンプー選びの参考にしてほしいと思います。

シャンプー選びの時のポイント

シャンプーを選ぶときにポイントとなるのが

  • 自分の頭皮や髪の毛の質を把握する
  • どこに重点を置くか
  • 今後どういう髪の毛にしたいか

自分の頭皮や髪の毛の質を把握する

シャンプー選びの基本はここになります。
髪の毛は硬い、柔らかい、太い、細い、くせ毛、直毛、多い、少ない、など
頭皮は硬い、柔らかい、乾燥している、脂っぽい、など

人によって性質は様々です。

良くお客様から耳にするのが、「周りの人がいいと勧めてきたから使っている」という声です。

でも良く考えてみてください。

同じ髪質や頭皮ですか??

もし自分の髪質や頭皮の状態と似ている方だったらいいかもしれませんが、一般の人でなかなかそこまで把握して使っている人は少ないのではないでしょうか??

自分の髪質や頭皮の状態にあったシャンプー選びが大事になってきます。

どこに重点を置くのか?

では実際にシャンプー選びに入っていくのですが、自分がどこに比重を置いているのかを考えましょう。

価格、匂い、成分、使い心地、購入のしやすさ、ブランド、などです。

価格を重視している人は正直美容室のシャンプーは高くなってしまいます。
市販の方が成分が安くなっているので市販の方がコスパはいいです。

匂いは好みですね。甘い匂い、無香料、爽やかな香り、など

成分は自分ではわからないと思うので美容師に聞いてみるのもいいかと思います。
成分マニアならきっと答えてくれるはずです。

使い心地はしっとりがいいのか、さっぱりした感じがいいのか、などです。

購入のしやすさはどこにでも売っているシャンプーなのか?

ブランドはもうパッケージとかになってくるのでシャンプーは何でもいいのではないかと思います笑

今後どういう髪の毛にしたいのか?

重点を置くところで、『匂い、ブランド、購入のしやすさ、価格』を大事にしている人は髪の毛をシャンプーで良くしていきたいというのは正直難しいかもしれません。

私はいろんなシャンプーを使ってきましたが、市販のシャンプーはどんぐりの背比べであまり大差がないと思っています。

くせ毛に悩んでいるならばくせ毛用のまとめてくれるシャンプーを使い、ボリュームに悩んでいるのであればボリュームアップ用のシャンプーという風に将来どういう髪の毛にしたいのかで選んであげましょう。

シリコンは大丈夫?洗浄成分はどういったのがいいのか??

シリコン

洗浄力が強いと髪の毛に必要な脂まで落としてしまうので髪の毛は軋みがちになってしまいます。その手触りの悪さをカバーするのに配合されているのがシリコンです。

シリコンは自転車のチェーンの潤滑油見たいな存在です。

シリコン自体は安全性は高いのですが、使い続けていると蓄積していってしまったりでカラーやパーマのかかりが悪くなってしまうこともあります。

一方ノンシリコンシャンプーは名前の通りシリコンが配合されていないシャンプーになります。
シリコンが配合されていないということは髪の毛本来の姿になるのですが、髪の毛が軋みやすくなってしまいます。

要は成分の組み合わせが大事なんです。

洗浄成分

洗浄成分も選ぶ際のポイントとなります。
敏感肌の人が洗浄力の強いとされている『高級アルコール系』のシャンプーを使うと皮脂を落としすぎてしまうこともあります。ですがスタイリング剤を使う人は洗浄力が弱いと残ってしまったりもするのでこれも使い分けです。

アミノ酸系のシャンプーの方が洗浄力が優しく髪の毛にも優しいのですが、泡立ちが悪かったりもして使い心地が物足りない人もいるかもしれませんが、成分だけでいうとアミノ酸系のシャンプーの方がいいと思います。

 

シャンプー選びの時のポイントは??まとめ

いくら成分が良くて髪の毛の洗い心地が良くてもヘアデザインを崩してしまうものはあまり良くないと考えています。

市販のシャンプーを使い続けていると髪の毛がぺったんこになった、べたついた、など色々問題が出てくるケースがあります。

しっかりと自分の悩みに向き合ってくれるような美容師に相談してシャンプーを選んでもらうことも大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です