縮毛矯正を一度かけたら元に戻すことはできる??

みなさまこんにちは、平尾の美容室 chill hair design の古賀裕三です。

くせ毛の人の悩み解決に活躍する縮毛矯正。
サラサラストレートになるのでくせ毛に悩む人は一度は考えたことはあるのではないでしょうか?

でも縮毛矯正をかけたはいいものの自分の思ったイメージと違った、、、
ずっと縮毛矯正をかけ続けているけどそろそろ縮毛矯正をかけるのをやめたい、、、
そんなパターンもあると思います。

果たしてそういった場合は縮毛矯正をかける前の状態に戻すことは可能なのでしょうか??

縮毛矯正をかけた髪の毛

結論から言うと一度縮毛矯正をかけた髪の毛を元のかけていない状態に戻すことは不可能です。

縮毛矯正というのは薬剤による力と熱処理による施術をします。
薬剤で髪の毛の内部を分解してアイロンによる熱処理で髪の毛をまっすぐにしてその後まっすぐにした髪の毛を固定して元の髪の毛から形状を変えるという施術です。

一度縮毛矯正をあてることで基本的には半永久的にかけた部分はまっすぐになります。
くせ毛の人が縮毛矯正を当てて簡単にくせ毛に戻ってしまうと意味がないですもんね。

ここでよく考えられがちなのがまっすぐになってるんだったらパーマを当てたらいいのでは?
そう考える人もいると思います。

ですがそんな簡単な話ではないのです。

髪の毛のダメージは減点方式です。縮毛矯正は薬剤と熱処理のダメージがあり見た目とは裏腹にめちゃくちゃダメージを与えてしまう施術です。

その髪の毛にパーマをあてると髪の毛はよりボロボロになってしまいます。
しかも熱処理をしてまっすぐにしているので普通のコールドパーマを当てようとしても縮毛矯正の形状の方が勝ってしまいなかなか形がついてくれません。

ロングの方であればデジタルパーマみたいな同じ熱処理をするパーマであればかけることが可能ですがものすごく負担があり、ダメージの限界を超えてしまうと髪の毛が切れてしまったりトウモロコシのヒゲのようにチリチリになってしまったりしてみるに耐えられない状態になってしまいます。

縮毛矯正をかけた髪の毛を元に戻すのは難しいのがわかったと思います。

縮毛矯正がかかっていないような状態にするには??

デジタルパーマのようにホット系パーマ以外に縮毛矯正をかけた髪の毛を自然に見せるにはどのようにしたらいいのか??

髪質や長さなどによって色々変わってきますが、スタイリングで自然な状態に見せたりまっすぐすぎないように見せたりもできます。

スタイリングとして縮毛矯正をごまかすにはアイロンを使った対処法があります。
不自然なストレートな感じが嫌に感じている人が縮毛矯正をとりたいと思っていると思いますのでアイロンの熱の力を借りて自然な状態を再現してあげればいいのです。

また縮毛矯正をあてるとボリュームがなくぺたんこヘアになるのが嫌という人もアイロンでボリュームを出してあげるか、またはヘアアレンジでも解決できたりします。

お団子ヘアやハーフアップすることでペタンコヘアに見えないと思います。

後はカットでなんとかしていく方法です。
縮毛矯正がかかっている部分をいきなり全部カットすると坊主になってしまうので時間をかけて徐々に縮毛矯正の部分を減らしていくことで時間はかかりますが地毛に戻ります。

カットをしつつスタイリングでぼかしつつ縮毛矯正をなくしていくのが最善かと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です