縮毛矯正はどれくらいの期間もつの?どれくらいの頻度ですればいい?

くせ毛の救世主であるサラサラストレートになれる縮毛矯正。
くせ毛の人は一度すると病みつきになってなかなかやめられなくなってしまいますよね。

でもそれなりに価格も高くなってしまったりどれくらいの期間持つのか?またどれくらいの頻度で掛け直した方がいいのか?その時は全体的にかけるのか?それとも伸びた部分だけをかけるべきなのか?

いろんな疑問があると思います。

そこで今回は縮毛矯正の期間についての疑問を解決していきたいと思います。

縮毛矯正はどれくらいの期間・頻度でかけたらいいのか?

縮毛矯正をかけた時はいいけど2ヶ月もすれば根元の伸びてきた癖が気になってきます。

縮毛矯正というのは一度かけたところは強さにもよりますが基本的には半永久的に残ります。

ということはそんなに頻繁にする施術ではありません。
ではどれくらいの期間を目安に掛け直しを検討するのでしょうか?

縮毛矯正をかけ直す期間は?

癖の強さやかかり具合によって変わってきますが、だいたい多いのが4〜6ヶ月を目安にしている人が多いように感じます。

癖が強い人なら3ヶ月ちょっとでかけ直す人もいますし癖がさほど気にならない人は1年に1回で済む人もいます。

ショートヘアならよりスタイルの維持が難しくなってきますのでロングの人と比べると早くかけ直す印象です。

縮毛矯正は基本根元を少し開けて施術します。
その理由としては根元からかけてしまうと新生毛が伸びてきた際に髪の毛が折れて生えてきてしまう可能性があるからです。

これは縮毛矯正の失敗の一つで不自然な生え方になってしまって見た目も不自然に見えてしまいます。

というので髪の毛が伸びるスピードが平均1ヶ月で1cmとした場合3ヶ月は経過しないと伸びた部分をかなり重複してかけてしまうことになってしまい髪の毛の負担がすごくなってしまうからです。

先ほどもお伝えしましたが基本的に縮毛矯正は一度かけたら半永久的にストレートの状態なのでかけ直す場合も伸びたところをメインにかけていきます。

このことを知った上で美容師に相談の上掛け直しの頻度を決めるのもアリですね。

縮毛矯正をかけ直す目安 癖が強い場合

髪の毛がチリチリなくせ毛の人は3ヶ月周期でかけ直すことで綺麗なストレートをキープできます。

その際に注意というかやっておいた方がいいこととして担当をできるだけ同じ人に、同じ美容室ですることをおすすめします。

半永久的にストレートの状態が続く縮毛矯正は薬剤の強さもそれなりに強くなっています。

前回の薬剤の調合のデータが残っていて施術方法を把握している美容師の方がより髪の毛のダメージを抑えてくれる可能性が高いからです。

縮毛矯正をかけ直す目安 6ヶ月の場合

伸びてきても極端に膨らむことはないですが、半年もすればまとまらなくなってきてしまうので癖が大きくうねるタイプのくせ毛の方はだいたい半年くらいを目安にかけ直す人が多いです。

もし癖が気になったとしてもこれくらいの癖の強さであればストレートアイロンである程度対応はできると思います。

髪の毛の形状を強引に変化させてしまう縮毛矯正を頻繁にかけるよりもストレートアイロンで対応した方が髪の毛の負担は少なく済みます。

縮毛矯正をかけ直す目安 1年に一回

このレベルになってくると髪の毛の癖を伸ばすというよりも髪の毛をサラサラに見せたいとか湿気で広がるのを抑えたいという気持ちの方が大きい方の方が多いのではないでしょうか?

普段は縮毛矯正よりもトリートメントやスタイリング剤で髪の毛をいたわってあげて、梅雨の時期くらいにナチュラルな縮毛矯正を当ててあげるくらいでいいと思います。

部分的にきになるところを縮毛矯正するのもあり

ショートヘアで全体的に縮毛矯正をしてしまうとぺたんこになるけど前髪や生え際のくせ毛は気になる、、、

そんな自分の中で扱いづらい部分がある場合はその部分だけをかけてあげることもいいと思います。

昔の縮毛矯正は不自然なくらい真っ直ぐになっていましたが、最近では自然な仕上がりにすることも可能になってきました。

これは縮毛矯正をかける美容師の腕次第になってくるので相談してみましょう。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です