前髪のうねりが気になる場合は前髪縮毛強制!!

雨の日の前髪のうねりがすごくて髪型も決まらないしなんか気分も下がる、、、
結構前髪のくせ毛で悩んでいる方も多いのが現実です。

縮毛矯正って髪の毛がシャキーンってまっすぐなりすぎるから嫌だ、、、
そう思って縮毛矯正が気になってはいるもののなかなか手が出せない人も多いようです。

最近は縮毛矯正も進化してきて昔見たいに不自然なストレートにならなくなってきています。

全体的に縮毛矯正をしなくても一番気になる前髪・生え際の部分的にしてあげることで普段のお手入れが楽になるかもしれませんよ〜

縮毛矯正とストレートパーマの違い

前にも縮毛矯正とストレートパーマの違いは記事にしていますのでよかったらそちらをご覧ください。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

簡単に言うと縮毛矯正は癖をしっかりと伸ばし、ストレートパーマはパーマ落としやボリュームダウン程度に考えてください。

では前髪にはどちらが適しているのか??

それはもちろんくせ毛の強さによって変わってきます。

癖が弱いようであればストレートパーマでも対応できるかもしれませんが、癖が気になると言う人は縮毛矯正の方が手入れが楽になると思います。

前髪の縮毛矯正を失敗しないために伝えること

髪の毛がくせ毛を無視してまっすぐなると言うことはそれだけ髪の毛に負担をかけてしまうということです。

今までに前髪の縮毛矯正で失敗してしまった!ということがある人はこのことを美容師に伝えてください。

  • 縮毛矯正をいつかけたか、また部分的にしたことがあるかなどの履歴
  • ブリーチをしたことがあるか、カラーの頻度などの履歴

癖が強い場合はわかりやすいですが、そうでない場合は見逃してしまう美容師もいるようなので最後に縮毛矯正をかけたかを伝えるようにしましょう。
そうすることで薬剤の選定やアイロンの温度などを調整してくれるはずです。

ブリーチやハイライトを入れている場合も注意です。
部分的にダメージが違うことがあると薬剤の浸透にムラが出てしまうためかかりにもムラが出てしまうことがあります。それも美容師に伝えれば判断してくれるはずです。

 

前髪のうねりが気になる場合は前髪縮毛強制!!まとめ

前髪のくせ毛に悩んでいる方がいたら部分縮毛矯正を視野に入れてみてもいいかもしれません。頻繁にする施術ではないと思うので一回したら数ヶ月は楽になると思います。

ただし縮毛矯正はダメージが大きい施術になるのでセットが楽になるからと行って日頃のヘアケアを怠らずしていかないとダメージの元にもなってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です