アイロンと縮毛矯正はどちらが痛むのか??

くせ毛が気になったらアイロンをするか縮毛矯正のどっちが痛むのか??
気になりますよね〜

毎日ツヤが出るからアイロンをしている、という人意外と多いんです。
熱処理によってまっすぐなるので髪の毛濡らしてドライヤーでまっすぐしたりクセが強い人はアイロンに頼ってしまいがちです。

そういう毎日のアイロンがめんどくさいと思ったら縮毛矯正をかけてしまっていますよね。

でもどっちの方が痛むのか?今回はそこについて記事にしていきたいと思います。

アイロンの方がいい場合

もちろん一回のダメージ量でいえばずっとまっすぐをキープできる縮毛矯正の方がダメージは大きいです。

かといって毎日のアイロンでもダメージは蓄積されます。

アイロンの方がいいパターンとして、

  • ダメージがすごい
  • ブリーチしている
  • 将来的にパーマをあてたい

こういった方はアイロンでクセを伸ばす方がいいです。

アイロンによってダメージが蓄積している人も縮毛矯正を頻繁にかけることは控えた方がいいです。

サラサラになる縮毛矯正はダメージがなく感じたりする人もいるようですが、実は髪の毛にとって負担が大きい施術になります。

ブリーチなどダメージが大きい施術をしている人が縮毛矯正をすることで髪の毛をまっすぐするはずが逆にチリチリになってしまったりするのでそういった方は縮毛矯正は基本的にオススメしません。

毛先をワンカールしたいという人は縮毛矯正をしていてもアイロンをするより、アイロンだけでまっすぐにし毛先をワンカールさせた方がダメージは結果的に少なくなります。

またパーマをあてたいと考えている人も縮毛矯正はオススメできません。
縮毛矯正は髪をまっすぐする施術なのでのちにパーマをあてるとなれば基本的にパーマのカールが出にくくなりますし思っているようなカールが出ない場合が多いです。

縮毛矯正をかけるときに注意するポイント

縮毛矯正を毎回毛先までかけていたりしてはいませんか??
縮毛矯正というのはいとどかけると半永久的にストレートの状態が持続します。

でもかけたところがうねってきたりするのはクセがなくなっている髪の毛の状態に結んだりピンで留めたり、耳にかけたりと自分で新しいクセをつけて行っている場合が多いんです。

ダメージのことを考えると基本的には伸びた部分だけを縮毛矯正していったり、気になる部分を部分的に縮毛矯正をかけることで対処していく方がいいと思います。

もちろんダメージはありますが縮毛矯正をかけた髪の毛もアイロンをかけることは可能です。巻いたりすることも!

巻いたりすることでアレンジするのはアリなのです。

アイロンと縮毛矯正はどちらが痛むのか??まとめ

結果的に縮毛矯正をあてた方がいいのかアイロンをした方がいいのかというのは場合によるということです。

ただ髪の毛を休ませてあげることも大事なので美容師に相談してみてくださいね〜^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です