坊主にしたらくせ毛になるというのは本当か?

昔はストレートだったのに坊主にしたらくせ毛になってしまった、、、
くせ毛は坊主にしたらストレートになるという噂が、、、

こういう都市伝説的なことって耳にしたことありませんか?

今回は坊主にすることによって髪の毛の質が変わるかどうかを記事にしてみました。

坊主にすると毛質は変わるのか?

 

よく「子供の頃に坊主にした」「部活で坊主にしたらくせ毛が治った」また「逆にくせ毛になってしまった」ということを言う人もいますが、結論から言うと毛質は変わることはありません。

タイミング的に坊主にしたことで毛質が変わってしまったと思うかもしれませんが、くせ毛になる原因を考えるとそれはないことになってしまいます。

小さい頃、赤ちゃんの頃、中学生時代、などの成長期になると元々髪の毛の質が変化する時期ですのでたまたまタイミングが重なったと言うことが考えられます。

くせ毛になるのは毛根の歪みが原因です。

ストレートの人は毛根からまっすぐ生えていますが、くせ毛の人は毛根内部で歪んだ状態で生えてくることでくせ毛になってしまいます。

もし坊主が原因でくせ毛やストレートになるということであれば、毛根まで髪の毛を削り取らなければいけません。

でもそんなことをしてしまうとくせ毛になるどころか血だらけになってしまって毛根も死んでしまいハゲてしまいます。

坊主にするとストレートになったというのは、髪の毛が短い時はくせ毛が目立ちませんが伸びてくると結局くせ毛が出てきてしまってなんの変化も感じられません。

髪の毛は年齢とともに変化していきますのでそのタイミングで坊主にすることでこのような都市伝説が生まれたと思います。

くせ毛の納まりをよくするには?

坊主にすることでくせ毛がストレートになったり逆にストレートがくせ毛になることはないです。

ではくせ毛の方が髪の毛の納まりをよくする方法はないのでしょうか?

それは保湿をしてあげることと土台である頭皮の状態をよくするとストレートにならないまでも納まりをよくすることは可能性としてあります。

梅雨の時期は髪の毛が外気の水分を吸収することで膨張して広がってしまいます。
髪の毛が乾燥することでも広がってしまいます。

髪の毛内部に適度な水分を維持することで広がりを抑えることにつながってくれるんです。

保湿をするにはミストやミルクタイプのアウトバストリートメントで水分調節をしてあげてオイルでコーティングすると髪の毛から水分が逃げていきにくくなってまとまりがよくなります。

坊主にしたらくせ毛になるのは?まとめ

坊主がくせ毛やストレートの髪質に関係していないことがわかったと思います。

日頃のケアを意識することでくせ毛が納まり良くなったりするので頑張っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です