女性のハゲと男性のハゲの違い

男子型脱毛症はAGAと呼ばれ、女性の脱毛症はFAGAと呼ばれます。

男性と女性ではハゲの傾向が違います。

女性で男性のようにM字ハゲになったりしている人はほとんどいないです。

それは体の内部のことが関係しているのです。

男性と女性のハゲの原因の違いは?

主にハゲの原因はホルモンバランスが関係していると考えられています。

女性の場合は日常のストレスによるホルモンバランスの乱れで、男性は男性ホルモンが原因と言われています。

ハゲの出方にも男性と女性では違いがあります。

男女問わずどちらも禿げる人はハゲますが、女性は女性ホルモンが多いので男性と比べるとハゲにくい傾向です。

女性の場合は紫外線などの影響や結びすぎによる頭皮の負担で頭頂部やホルモンバランスの乱れで全体的に薄くなり、男性の場合はハチ周りから上の頭頂部や前髪部分から薄くなることが多いです。

そもそもどういうことが原因でハゲてしまうのか?
気になりますね〜

ハゲの原因は??

人は1日に平均100本あたり髪の毛が抜けると言われており、その抜け毛が人より多くなってしまうとハゲていくことになってしまうのが一つの原因。

他には髪の毛がうまく成長できずしっかりとした髪の毛が映える前に抜け落ちてしまうこと。

似ているようですが微妙に違います。

主な原因として男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが還元酵素である5α-リダクターゼというのと結びつくことでハゲが進行していきます。

睡眠不足や暴飲暴食、ストレス、飲酒、喫煙、皮脂の過剰分泌、紫外線なども薄毛の原因として考えられているので規則正しい生活をして頭皮を清潔に保つようにしてあげることが大切です。

薄毛を予防、改善するには?

誰しもハゲたくて禿げる人はいないのですが、知らず知らずに生活環境がハゲやすい体質を作っていることがあります。

原因としてあげたライフスタイルの乱れを治すことがまず第一になってきます。

質の良い睡眠、バランスのとれた食事、ストレス発散、適度な運動、自分に合うシャンプー剤を使う、頭皮マッサージで血行促進、紫外線対策、などなど

振り返ってみてやってないな〜と身に覚えがあるのではないでしょうか?

なかなか全部を意識することはそれがストレスになってしまいそうですので、負担に思わない程度に習慣ずけていくことが大事です。

それでもダメな場合は病院でのホルモンバランスを調整する薬をもらったり、育毛剤を使うことで髪の毛の成長を促してくれます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です