アルガンオイルはなぜ高い?

みなさまこんにちは、平尾の美容室chill hair design の古賀裕三です。

アルガンオイルといえば有名なモロッカンオイルなどに配合されていることから知っている人もいるかと思います。

でもこのアルガンオイル、実はめちゃくちゃ希少なものなんです。

今回はアルガンオイルがどういうものなのかを記事にしてみましたので興味がある人は読んでみてくださいな。

アルガンオイルって??

アルガンオイルが取れるのはモロッコの南西部にある希少な樹の実からできています。
1リットルのアルガンオイルを作るのに30キロの実を使います。

しかも一年で採取できるのが7月と8月と限られていることからものすごく希少なものなんです。

アルガンオイルの特徴としてビタミンEの含有量がものすごく多いです。
なんとその含有量はオリーブオイルの3倍!!

髪の毛の場合はモロッカンオイルに配合されていることで有名ですが、このアルガンオイル単品でいくのであれば肌にも使えます。

アンチエイジングの効果に期待されています。
それは肌細胞の活性化や新陳代謝の活発化、必須脂肪酸やトコフェロールがアンチエイジングに効果があります。

アルガンオイルといっても種類は様々

ここで気をつけないといけないのがアルガンオイル配合とされていても現地のモロッコではアルガンオイが少しでも入っていればアルガンオイルといってしまってもいいということです。

オイルなので酸化もしてしまったりして品質低下していたり、そもそもアルガンオイルの配合量が少なかったりしていますので注意が必要です。

アルガンオイルの見分け方として、

  • 匂い
  • 原産国
  • 品質保証

このようなことで見分けることができます。

アルガンオイル 匂い

質の悪いアルガンオイルは山羊のフンから採取されるアルガンの殻からできています。
質の良いアルガンオイルはアルガンの実を買いそれを太陽のもとで乾燥させて使います。
なので質の悪いアルガンオイルは臭いがきつい為、臭いがないものはあんまりアルガンオイルが配合されていないか、アルガンオイルの認証をされていないかの場合が多いです。

アルガンオイル 原産国

アルガンオイルの原産国はモロッコのみです。それ以外のアルガンオイルは偽物だと思ってください。
中国が原産国となっている場合はチャイニーズアルガンオイルといって中国が質の低いアルガンオイルを格安に仕入れてそれを希釈してからのアルガンオイルになります。

アルガンオイル 色

アルガンオイルは黄金色をしています。無色透明のアルガンオイルは濾過されたものか偽物になりますのでご注意を!!また色が薄かったりすると他のオイルと混ぜている粗悪品のアルガンオイルもあります。

アルガンオイル 品質保証

アルガンオイルの品質を保証するのが製造者としてモロッコで輸出許可を持っていて、エコサートなどのオーガニック認証を持っていてMSDSを提供している会社だと安心してアルガンオイルだと判断できます。

アルガンオイルはなぜ高い?まとめ

いかがだったでしょうか?アルガンオイルは希少品でものすごく限定された製品になります。
混ぜ物だったり粗悪品、偽物も多く出回っているので選ぶ際は気をつけましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です