美容室でスタイルを決める時に写真を持っていくとどうなのか??

みなさまこんにちは、平尾の美容室  chill hair design の古賀裕三です。
美容室に行くのはもう男性女性、年齢問わずいろんな方が利用していると思います。

でもなりたいスタイルの切り抜きや写メをはあるけど美容室にそういうのを持っていくのが恥ずかしい、、、と思っている方もいるようです。

全員が全員同じ気持ちではないかもしれませんが、私の周りの美容師と私自身が思っていることを書いていきたいと思います。

美容室に理想のスタイルの写真を持っていくのはアリなのか??

これは私の思いなのですが、美容室に写真を持ってきてくれることはとても嬉しいです。
実際にはなりたいスタイルを見せるというのが恥ずかしい、美容室に写真を持っていく人がいるのか心配、なんていう声も聞きますがノープロブレムです。

私の周りの美容師、私も含めはこういうなりたいスタイルの写真があることによってお客様の好みがわかるからです。

髪型もそうですが、色もそうです。最近は加工している写真も多いですが雰囲気でこういうのが好みなのかな?とかが少しでもわかった方がお客様のなりたいスタイルを提案しやすくなるからです。

ではどんな写真でもいいのか?

髪型の写真であればなんでもいいと思います。例えば長さが足りないけどこういう風になりたい、こういった雰囲気が好き、前髪があるけど前髪がないスタイルの写真、自分とは違う感じでも問題ないのです。

大事なのはどういうスタイルが好きでどういう雰囲気が理想なのか?なんです。

それか「何がいいのかわからないけどこういうのが好き」というのでもいいんです。
そのスタイルを参考に美容師と一緒に相談していって素敵な髪型にしてもらいましょう。

後これは担当する美容師にもよると思いますが、多くの美容師は写真のスタイルの通りにはしないことが多いです。

お客様の要望を聞くのは大前提として、人それぞれ髪質、毛量、毛流れなど違います。
ライフスタイルに合わせて髪型も考慮することがあるからなんです。

セットを決行しないといけない髪型だけど家ではスタイリングを全くしない。
こういう場合は美容室では綺麗になっても家に帰ってなんか思っていたのと違うというパターンになるからです。

こういった全ての要素を含めて一番いいスタイルを提案するのが美容師の仕事なんです。
今まで自分に似合うかどうかわからない、したことがないから怖い、などでカウンセリングの時にあまり伝えていなかった人もいると思いますが遠慮せずにどんどん話していきましょう。

特に初めてのお客様は担当の美容師との信頼関係がなかなかできていないことが多く、担当の美容師がどういう切り方、どういう染め方、パーマをあてるのかわからない、ということがあります。

初めての美容室では写真の切り抜きや写メを持っていくのがお互いに満足しやすいです。
もし言葉で伝えるのが苦手な人がいたら写真や写メをぜひ持っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です