頭皮が脂っぽい?皮脂の正しい取り方は?

誰もが毎日シャンプーやトリートメントやリンスをしていると思います。
ですが、それでもなんだか髪の毛や頭皮が脂っぽい、ベタつきが残ってしまいフケや枝毛、切れ毛が出てきてしまう、、、

夏の熱くなりやすい時期は特に皮脂の分泌が気になってしまうものですよね。

綺麗な髪の毛を作るには頭皮の状態を綺麗に保つことが大切になってきます。
顔もそうですが、肌をピーリングしたりすると肌がすっきりとし透明感が出たり滑らかな手触りになったりして肌が元気な印象になります。

髪の毛も同様に頭皮に古い角質が残っていたり、髪の毛についた汚れが取れていなかったり皮脂が残りすぎていたりすると健康な状態な髪の毛が生えてきにくくなります。

頭皮はなぜ皮脂を分泌するのか?

顔の皮膚と同様に頭皮も皮脂線があり皮脂を分泌します。
この皮脂を分泌することで髪の毛は柔らかくなりツヤが出て健康的に見えたりします。

ですがこの皮脂がうまくコントロールされずに過剰に出てきてしまうことがあります。
その原因として皮脂線が詰まってしまい頭皮に脂が溜まってしまいフケやかゆみ、炎症になってしまったり逆に乾燥した感じにもなってしまったりしてしまいます。

これでは健康的な髪の毛が生えてこないのは想像したらわかりますよね。

こういった皮脂のつまりをしっかりと抑え皮脂線を綺麗にすることで油分がスムーズに巡りを良くすることが頭皮ケアの目的となります。

頭皮の皮脂の取り除き方は?

頭皮の皮脂を取り除くのは全ての人に適しているというわけではありませんが、皮脂がたくさん出ている人は試してもいいかもしれません。
もし手っ取り早く解決したい人は一番いい方法として皮膚科に行くのがいいです。

皮脂の汚れを取り除くのは何が原因でそうなっているのかを知るのが大事です。
フケの場合は細菌が原因だったりします。

フケが出る場合は?

フケが出る場合はフケ用のシャンプーというのがあります。
フケは真菌が原因でその真菌の増殖や炎症を抑え、洗浄力が優しいことが多いです。

そういったシャンプーを使う場合はまずしっかりと泡だてその泡を頭皮につけたら5分程度おくことでより効果が発揮されます。

フケ用シャンプーだけだとなかなかケアが追いつかないので、そのあとにシャンプートリートメントをしてしっかりとケアをしてあげましょう。

どれくらいの頻度で頭皮ケアをした方がいいのか?

毎日頭皮ケアをする必要はありません。
大体の目安にはなりますが、週3くらいでケアをすると効果を実感できると思います。

もし症状がそれほどない場合は週1くらいでも大丈夫だと思います。

あとはブラッシングで汚れを落とすといったこともいいと思います。
ただしその際強引にブラッシングをしてしまったりすると髪の毛にダメージが出てしまいますので、優しく丁寧にとくようにしましょう。

それでもなかなk改善しない場合はやはり皮膚科に行って診断してもらうのが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です