頭皮が硬いのは疲れが原因?頭皮を柔らかくする方法とは?

美容室に行ってヘッドスパをしてもらったりすると頭皮が硬いですね〜なんて言われたことあると思います。自分では人と比べることはないのでなかなか硬いとかということはわかりにくいと思いますが、美容師はずっと人の頭を触り続けているので岩のように硬い人もいれば赤ちゃんのように柔らかい人もいたりと人それぞれの頭皮の状態を判断することができます。

ではなんで人によって頭皮の硬さが違うのでしょうか?
今回は頭皮が硬くなってしまう原因とどうしたら柔らかくすることができるのかを記事にしていきたいと思います。

頭皮が硬くなるのはなんで?

頭皮が硬くなる原因は主に血流が悪くなることが原因がほとんどです。
頭には血管がたくさんありその血流が悪くなってしまうことで、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまったり抜け毛が多くなってしまうこともあります。

この血流が悪くなってしまうことの原因はたくさんありますが、パソコンやスマホを同じ体勢でずっと見ていたりすることや精神的や肉体的にストレスを溜めてしまうことも原因の1つとして考えられます。

肩こりや首のこりと同じく頭も凝ってしまうということなんですね。
肩や首は頭とつながっていますのでこの部分のこりがひどい人は頭が硬くなってしまっている人が多いような気がします。

他の原因としては頭皮の毛穴のつまりが原因の場合です。

整髪料や頭皮の状態を綺麗に保っていない人はそれが原因で頭皮が硬くなってしまうことがあります。
また洗浄力の強いシャンプーを使うことで逆に皮脂の分泌を過剰にしてしまうことで毛穴づまりを引き起こしてしまうことがあります。

毛穴が詰まってしまうと代謝の循環がうまくいかず、頭皮の状態が悪くなってしまい硬くなることにつながってしまいます。

頭皮を柔らかくするにはどうしたらいいのか??

原因として血行不良や毛穴づまりというのがほとんどだということがわかったと思います。
頭皮が硬いということは頭皮の状態が良くないということにもなります。

逆に頭皮がいい状態というのは頭皮が柔らかい状態ということ。

では頭皮を柔らか買うするにはどうしたらいいのか?

  • 頭皮のマッサージで頭皮のこりをほぐす
  • 毛穴の汚れをためないようにする

このようなことが考えられます。

頭皮もこりがあるということは肩こりや首のこり同様ほぐしてあげることで血行が良くなることにつながります。

頭の血流だけでなく普段のストレッチをすることで全身の血流がよくなることで結果的に頭の血流も良くなったりします。また美容室でヘッドスパをすることで頭皮のケアをすることも頭皮のこりをほぐすことになります。

毛穴汚れをためないためには普段のシャンプーや生活習慣が大事になってきます。

シャンプーの相性もありますし、ドライヤーの半乾きの状態をしない、などをしていると毛穴に汚れが溜まりやすくなってしまいますので清潔な状態をたっ持てるように美容室などで相談するのもいいかと思います。

頭皮の硬さというのはすぐに改善するものではありませんがちりつもで改善していきます。
頭皮の状態が良くなることで健康な髪の毛が生えてくる土台作りにもなりますので長い目を持って頭皮ケアをしていくようにしましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です