美容室で話がしたくない時はどうしたらいいのか?

美容室で会話が苦手な人もいると思います。

美容室では快適に過ごしてもらうことが大前提にありますので会話をすることでお客様がリラックスできないという時はもちろん無理に話をする必要はありません。

ただ美容室で会話をしたくないと言っても一言も話したくないということではなく、髪の毛に関係のない無駄な会話をしたくないという場合が多いと思います。

基本的に美容室の担当していくれる人の性格もありますが、お客様が求めるスタイルを聞くために話をすることはあります。

これはカウンセリングだと思います。
食べ物屋さんに行って注文することと同じです。

自分がどういうヘアスタイルにしたいのかを一人一人にあったスタイルを聞き出すために少し細かいことを聞いてしまいますが自分がなりたいヘアスタイルがある人でもこういう会話は苦にならないと思います。(どういう髪型にしたいかがわからない人もある程度の好みはあると思うので)

ヘアスタイルが決まってカットやカラーの施術が終わった後も普段の生活やスタイリング方法、長さの確認や雰囲気などをできるだけキープさせて欲しいという気持ちから家でのケア方法などの説明が入ると思いますが、これは綺麗にいて欲しいという気持ちからなのです。

明らかにヘアスタイルと関係ない話をするのが嫌な人は『雑誌を読みたい』『話をするのが苦手』『寝たい』『静かに過ごしたい』などの要望を美容室の人に伝えると基本的には無駄な会話をしなくなると思います。

その時に美容師の人が嫌な思いするかな?なんてことは考えなくても大丈夫です。
お客様が一番快適に過ごしてもらえる環境を作るのが美容室なので。

美容師が立ち代り変わるところはなんども同じ質問をされたりしてめんどくさいなと思うことを嫌う人もいますのでそういう場合はそれも伝えても全然OKだと思います。

ネット予約ができるお店の場合は質問欄等があると思いますのでそこに静かに過ごしたいなどの一言を書いておけば対応してくれると思います。

2、3回通うに連れて美容師との信頼関係も生まれてくるので無駄な会話とはならない似合うスタイルの提案やどんなヘアスタイルにしようか悩んでいる時に提案をしてくれたりもすると思いますので、もし嫌じゃなければ美容師との会話を楽しんでもらえると嬉しいです。

ということで無駄な会話をしたくないという人はそのことを伝えるようにするとそれで解決します。
美容師がわもたくさんの人を施術してきていますのでなんとなく雰囲気でわかると思いますが、美容室で綺麗になって快適に過ごせるところが見つかるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です