シャンプーの正しい方法とは?シャンプーで綺麗に汚れを落とすには?

シャンプーは毎日のことですが正しい方法を意識してできていますか?
シャンプーは基本的に汚れを落としていくのですが、頭皮の汚れを落としていくことを目的として作られています。

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすものではないのか?と思ってしまいますが、頭皮の老廃物や余分な皮脂を落とすことが目的になっています。

もちろん髪の毛の汚れを落とすことにもつながります。

シャワーの温度は熱すぎないくらいの38度くらいのお湯がベストです。
高温にしてしまうとキューティクルのダメージなってしまったりしてしまいます。
洗顔をする時をイメージしたらわかりやすいと思います。
熱いお湯で顔を洗うと必要な皮脂まで落ちてしまい体がそれを補おうとしてよりベタついてしまったり乾燥してしまったりしてしまいます。

それではシャンプーの手順を説明していきます。

シャンプーの正しい手順とは?

シャンプーの手順を4つに分けて説明していきます。

  1. シャンプー前のすすぎはしっかりとするシャンプー前の予洗いをしっかりとすることで髪の毛についている埃や頭皮の皮脂汚れはほとんど除去することができます。このときに頭皮を傷つけるように爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうのはよくありません。頭皮には指の腹を当てて優しく動かすようにします。
    このシャンプー前の予洗いがしっかりできていないと泡立ちが悪くなってしまいしっかりとシャンプーの準備に入れません。
  2. シャンプーの量を適量とるシャンプーを取る量というのは髪の毛の量や長さにもよって個人差があると思います。
    大体の目安としてミディアムまでは1プッシュから1.5プッシュあたりが適量。
    ロングの方で2プッシュあたりが妥当だと思います。シャンプーの量を適量とったら泡を立てるように髪の毛ではなく頭皮につけるようにしていきましょう。
  3. 泡だてが終わったら指の腹でマッサージをするようにシャンプーしてあげるといいです。
    爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと頭皮に傷がついてしまって頭皮の状態が悪くなってしまいます。

    頭皮は健康な髪の毛を生やすための土台でもあるのでマッサージをするようにして血行促進効果を狙ってあげるといいです。

    ワックスを大量につけている場合は泡立ちが悪いと思うのでシャンプー前のすすぎの前にオイルでなじませてからすすいでシャンプーに入るといいです。

  4. 流し残しがないようにしっかりとすすぎます。
    このときに指の腹で頭皮をマッサージするようにしてあげます。
    シャンプー同様に爪を立てるのは良くないです。
    シャンプーの流し残しがあると毛穴の詰まりの原因にもなってしまいますので、ロングや毛量が多い方は特にしっかりと流すようにして流し残しがないようにしましょう。

シャンプーの正しい方法とは?シャンプーで綺麗に汚れを落とすには?まとめ

いかがだったでしょうか?シャンプーは毎日のことですから正しい方法でしてあげた方がいいです。
間違ったやり方をしていた人は少しづつ意識して正しいシャンプーを身につけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です