白髪は抜いてはいけない!抜いてはいけない3つの理由とは?

白髪を抜くことについてのいろいろな噂がありますよね。

『白髪を抜くと白髪が増えてしまう』『白髪を抜くと禿げる』

こういった噂を聞いたことがあると思います。
もっと飛び抜けた噂だと白髪を抜くと次に生えてくる髪の毛は黒髪が生えてくる。なんてのを聞いたことがあるという人もいました。

結果から言うと白髪を抜くことで白髪が増えたり白髪を抜くと直接的に禿げるということはありません。

ですが白髪を抜くことはよくないことは確かなんです。

白髪を抜いてしまうと何がいけないのかを3つの理由からお伝えしていきたいと思います。

白髪を抜いてしまうとダメな理由は?

白髪が生えてきてしまうのは年齢的な問題や遺伝などが関係います。
誰もが白髪になる要素は持っています。

なので白髪になること自体は自然なことなのであまりきにする必要はありません。
でも『最近白髪が増えてきたね』『白髪が出て老けて見える』

なんてことを言われたらどうしても白髪が気になってしまうことも確かです。

1本くらいなら、、そう言う気持ちでついつい白髪を抜いてしまう気持ちもわからなくもないですが、白髪をなぜ抜いてはいけないのかを知っておくのもいいと思います。

白髪は抜くと増えるとか生えてこなくなると言う噂はデマで実際にはまた白髪が同じ場所から生えてくることがほとんどです。

白髪になる原理としてメラノサイトという色素を作る細胞が髪の毛にメラニンをいれれなくなったことが原因でなります。

ということで白髪を抜くことで新しく生えてくる毛が黒髪になることはありませんし、抜いたからといって他の毛根にあるメラノサイトに影響を与えることはないので白髪が増えるということもありません。

ただしストレスや病気によってなったしまった白髪は戻ることはあります。

白髪を抜くと痛みを伴いますし、抜くことで毛根にダメージが加えらて毛根の状態が悪くなってしまって髪の毛が生えてこなくなる可能性もあります。

髪の毛を抜く癖がある人もいますがそういう人は少し髪の毛が薄くなってしまうので気をつけましょう。

老化や遺伝による白髪でない場合は黒に戻る可能性もゼロではないので抜いて毛根を痛めてしまうよりはその可能性がある方がいいですよね。

白髪になってしまった時の対処法は??

白髪になってしまった時の対処法として、

  • 白髪を抜く
  • 白髪をカットする
  • 白髪を染める

これが考えられます。

まず白髪を抜くのは先ほど説明した理由からやめた方がいいです。
白髪の本数が少なくて気になる場合は抜くよりもその部分をカットする方が断然いいです。
白髪を切るときは根元の方からしてあげないと立ち上がってしまうので気をつけましょう。

そして白髪を対策するには染めるというのがもっとも効率的です。
白髪はメラニン色素がない髪の毛になるのでそこに色素をカラー剤でいれてあげることで目立たせなくすることができます。

今はカラー剤でもたくさんの種類がありカラーシャンプーやカラートリートメントというのもあり、自宅でも簡単に自然に染めることが可能です。

ただしこういうものを使うときはデメリットももちろんありますので、もしそういうのを使う場合はプロの意見を聞いてからするようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です