就活するときの髪型はどんなのがいいのか?男性編

就職活動をするときにどんな髪型がいいのか悩んだことはありませんか?
『髪型くらいはなんでもいいんじゃないか?』『髪型でそんなに変わらないだろう』
そう思われる方もいるかと思いますが、髪型は印象に大きく関係しています。

特に就職活動は知らない人との対面になりますので印象は大事だと思います。
今回はそんな就職活動をするときにはどんな髪型が印象良く見えるのか?という男性の髪型について記事にしていきたいと思います。

就職活動のときに好印象を与える髪型とNGな髪型

就職活動の時の髪型ってどんなのがいいと思いますか?

ツーブロックやパーマ、カラーはOKなのか?襟足や前髪はどんな風なのがいいのか?

などいろんな考えがあると思います。

就職活動のときに重要なポイントがあります。
そのポイントは、

  1. 清潔感がある髪型か
  2. 爽やかな印象を与えるのか
  3. 明るい印象を与えるのか

この3つのポイントが大事だと思います。

もし自分が雇う側の立場になった時のことを考えてみてください。
小汚いよりは清潔感がある方がいいし、野暮ったい印象よりは爽やかな方が、暗い印象を与えるよりは明るく前向きな人を雇いたいと思いますよね。

もちろんその人の良いところは他にいっぱいあるかもしれませんが、一回の面接では特出しているものがなければその内容まではみてくれることは少ないと思います。

ということはロングの髪型はあまり印象は良くありません。
ショートでおでこを出して襟足がすっきり見える髪型がいいと思います。

定番なのが『黒髪』『ショート』『ナチュラル』のヘアスタイルです。

もっとおしゃれな髪型にしたい!と思うかもしれませんが、会社に属するとなるとそこの部分は普通の企業になると求められることはほとんどないのです。

面接官が理解がある方であればいいのですが、そうでない場合は魅力が伝わることがないどころか悪い印象を持たれてしまうことだってあります。

そうなってしまうとせっかくいきたい会社が決まったのに受け入れてもらえないとなると悲しいですよね。

就職活動の男性の髪型としてNGなのは?

ではどんな髪型がNGなのか?

それは金髪・茶髪、ロン毛、ハードなパーマ、など社会人としてどうなのか?と思われる髪型です。
ファッション系やクリエイター、美容関係だとまだありかもしれませんが、一般的な会社ではこれらの髪型はあまり好ましくありません。

金髪や茶髪は『就職活動をする意識がなっていない』『学生気分が抜けていない』などと思われてしまうことも。日本人の髪の毛は黒髪が多いので基本的には黒髪で面接に臨みましょう。

ロングヘアも最近では男性もよく見かけます。
ただロングヘアの場合野暮ったい印象を与えるだけでなく、だらしない、不潔、という印象を持たれてしまっても仕方ありません。

サイドや襟足をすっきりとさせたショートヘアの方が清潔感を演出できますので、面接官にそういった印象を与えないような髪型を選びましょう。

サイドや襟足がすっきりとしたスタイルとして最近ではツーブロックが多くなってきています。
でもこの髪型もすっきり見えるのですが、やりすぎてしまうとイカつく見えてしまったりして威圧感を与えてしまいかねます。
同じくパーマもハードなのにしすぎていると同じような印象に思われてしまうので、どうしてもパーマを当てたいという人はナチュラルな感じに止めておきましょう。

就職活動に関してはおしゃれはあまり重要な部分ではないのです。

『爽やかさ』『清潔感』『明るさ』これらの印象を与えるような髪型を見つけて就職活動に臨みましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です