赤ちゃんの髪の毛が薄くて心配?赤ちゃんの髪の毛が生えてこないのはなんで?

赤ちゃんの時って髪の毛がホワホワして産毛みたいな髪の毛がいっぱい。
最初はこんなもんかと思いつつも周りの赤ちゃんと比べて髪の毛が薄くて心配、、、
そんな風に思ってしまうお母さんお父さんも多いようです。

赤ちゃんの髪の毛は大人の髪の毛と違って産毛ですので心配しなくてもしっかりとした髪の毛に生え変わり成長していきます。

赤ちゃんの髪の毛が薄いのはなんで??

赤ちゃんの髪の毛が薄くて心配してしまう気持ちもわかります。
赤ちゃんの時は『新生児生理的脱毛』といいます。

これは赤ちゃんが強い髪の毛に生え変わるための下準備みたいなもんです。

次に後頭部だけ薄くなってしまったり部分的に髪の毛が薄くなってしまっている赤ちゃんもいます。
これの原因としては摩擦が関係しています。

赤ちゃんは寝ていることがほとんど、寝ているときに後頭部だったりサイドの一部分が摩擦によって擦れてしまい、まだ髪の毛が産毛で弱い赤ちゃんの髪の毛は抜けていってしまいます。

乳幼児の髪の毛は基本的に薄いです。成長とともにしっかりとした髪の毛に生え変わってきますので心配せずに見守ってあげましょう。

子供の髪の毛の量はどれくらいから安定してくるのか?

乳幼児の髪の毛の成長は個人差があります。大体2〜3歳あたりで髪の毛は安定してくることが多いようです。生まれたてでフサフサでモッサモサの子供もいればスキンヘッド並みのツルツルな子供もいます。

だからといって特に心配することはありません。
成長の早さも子供によって違うように髪の毛の成長も個人差がありますので気長に待ってみましょう。

子供はなんでも興味を示します。中には自分の髪の毛を触ってしまったりむしってしまったりしてしまう子供も。

そういう時は気の引くアイテムを私てあげて気をそらしてあげてください。
赤ちゃんといっても毛穴の量は大人と一緒です。
汗をかきやすい部分でもあり皮脂の分泌もしやすいです。

髪の毛が抜けるのが心配だからといってシャンプーをしなさすぎると逆に良くなかったりします。
清潔な状態を保てることは心がけてあげるといいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です