美容室と床屋の違いは?知ってるようで知らない豆知識♪

知っているようで知らないのが美容室と床屋さんの違いです。
同じ髪の毛を切る場所なのに名前が違うのはなんででしょうか?

男性が行く場所が床屋で女性が行く場所が美容室?床屋は顔そりをしてくれる場所?シャンプーが前か後ろか?

いろんなイメージがあると思いますが違いはなんとなくそんな感じのイメージを持たれている方も多いと思います。

今回はそんな美容室と床屋さんの違いを説明していきたいと思います。

美容室と床屋さんの違いは??

美容室と床屋さんの違いは主に法律が違います。
美容師は美容師法、床屋さんは理容師法となっています。

仕事内容の違いとしては、

美容室

『パーマ、結髪、化粧などにより容姿を美しくする』ということが美容室です。
カットはパーマなどの一環としてすることになります。

昔は男女ともに美容室では顔そりはNGでしたが法律が変わり女性の顔そりはOKとなり、男性の顔そりはNGとなっています。

理容室

床屋、理髪店、散髪屋、など様々な呼び方があります。
『カット、顔そりなどで容姿を整える』というのが理容室です。

こういう感じで美容室と床屋さんの仕事内容の違いがありますが、今はそこまでの差はなく男性でも美容室に行ったり、女性でも顔そりのために理容室に行ったりもします。

美容室と床屋さんの見分け方は?

美容室と床屋さんをどう見分けたらいいかわからない、、、
最近ではおしゃれな床屋さんや男性専用美容室があったりでわかりにくいですよね。

そういう方はあのクルクルと回っているサインポールがある方を床屋と思いましょう。
赤、白、青の螺旋状に回っているアレです。

ちょっとした豆知識で昔は髪の毛を切るのがお医者さんがしていたことから、この色は動脈、静脈、白衣を表しています。

このサインポールというのは世界共通らしいです。

美容室と床屋さんの使い分けは?

個人的なイメージですが、美容室は立体をイメージしてラフなスタイルをつくる。床屋さんは面をイメージしてかっちりとしたスタイル。という印象です。

女性は基本的には美容室の方をおすすめしますが男性の場合はラフなスタイルや今風なスタイルにしたい場合は美容室できっちりとした髪型にしたい場合は床屋さんの方って感じです。

ただどちらにも言えることなんですが美容室も床屋さんもなりたい髪型のイメージがお互いに意思疎通できていないと思った通りの髪型にはならないことがあるので担当する方としっかりした信頼関係を作っていくことをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です